九州の進歩と繁栄の礎とならん!~常識を打ち破り、持続可能な九州とJCを創ろう~

SDGs未来展 ~シーハットおおむら前広場~

  • HOME »
  • SDGs未来展 ~シーハットおおむら前広場~

kusyo_2019banner

日 時

2019年6月8日(土)10:00~17:00

会 場

シーハットおおむら前広場

大村からSDGsムーブメントを巻き起こそう!!

「見て・触れて・楽しむ」をテーマにSDGsをより身近に感じることができるブースが盛りだくさん!
SDGs迷路からダーツなどのゲームから、フードバンクブースやフェアトレードブースなどが多数出展します。

以下の様々なブースが出展しております!!

SDGsロゴ

SDGs(持続可能な開発目標)17の目標&169ターゲット個別解説(出展:イマココラボ)

①:SDGs迷路

対象ターゲット:1〜17の全ターゲット
内容:「ダンボール迷路で学ぶSDGs」
迷路内の岐路に1ルート毎にSDGsに関する問題を3問出題し、2つの選択肢のうちから1つを選び次に進みます。問題はそれぞれ、環境、社会、経済につながるものを出題します。どの選択肢でもゴールにつながるようにしますが、選択肢によって、環境や社会経済に特化したゴールにとし、ゴールにはそれぞれ特化した未来予想ポスターを掲示します。

②:chaokao(フェアトレードブース)

対象ターゲット:1.1・1.2.a・10.1・10.3
内容:貿易の仕組みをより公平・公正にすることにより、特に開発途上国の小規模生産者や労働者が、自らの力で貧困から脱却し、地域社会や環境を守りながら、サスティナブルな世界の実現を目指す取り組み。

③:てとて舎(フェアトレードブース)

対象ターゲット:1.1・1.2.a・10.1・10.3
内容:貿易の仕組みをより公平・公正にすることにより、特に開発途上国の小規模生産者や労働者が、自らの力で貧困から脱却し、地域社会や環境を守りながら、サスティナブルな世界の実現を目指す取り組み。

④:久恒山林

対象ターゲット:15
内容:持続可能な森林経営を行っている。アロマやその他商品を販売している。
久恒山林では“森を想う暮らし”をテーマに次の世代につながる森林経営に取り組み、住宅建材となる杉、檜を育てるとともに、その間伐材・葉・小枝までつかったアロマ事業を展開し、森を育ててきたからこそ伝えていける“森の素晴らしさ”を直接皆様の暮らしへとご提案している。

⑤:BRIDGE KUMAMOTO

対象ターゲット:12.5
内容:熊本地震の後に被災地で使われたブルーシートを再利用しバッグにして販売し、その売り上げの一部を被災地復興支援として寄付している団体。

⑥:九州大学SDGsデザインユニット

対象ターゲット:1〜17の全ターゲット
内容:「SDGsデザインユニット」を設立しSDGsにたいして、デザインの領域で貢献することを目標に活動。ペットボトルのリサイクルアートワークショップ、障害と未来のしごと-IoTとFabプロジェクト、SDGsデザインスクールの開校など活動は多岐にわたる。

⑦:ナカムラ消防科学

対象ターゲット:8.2・9.1・11.1
内容:長崎県大村市の消防車の製造メーカー。泡で消火する消防車を開発し、全国の消防署から注目されている。そのほかにも、次々と新しい消火装置の開発をおこい、売上高は右肩上がりを続けている。

⑧:HeforShe

対象ターゲット:5.c
内容:HeforSheは、ジェンダー平等のための連帯運動です。世界中のすべての人がジェンダー平等の実現のために参加し、変革の主体となれるよう、体系的なアプローチとそのためのプラットフォームを提供しています。

⑨:SDGsダーツ

対象ターゲット:1〜17の全ターゲット
内容:SDGsの17のゴールを射的対象にしたダーツに挑戦し、自らが当てた各ゴールテーマに対し、どんなことを取り組みたいかという“My SDGs メッセージ”を各ゲームです。「当てた!」という高揚感の下、今まで知らなかったSDGsのゴールに対し自発的に理解し、自らの夢や目標をSDGsに関連付けてメッセージを書くことができ、「市民はSDGsの各ゴールにどのような発想をするのか」をアンケート調査できます。

⑩:骨髄バンク登録・啓発ブース

対象ターゲット:3.4・3.8
内容:骨髄バンク事業は、「移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する法律」に基づく骨髄・末梢血幹細胞提供あっせん事業者として、日本赤十字社と都道府県等の協力により行われている公的事業。

⑪:(一社)フードバンク協和(非営利法人)

対象ターゲット:12
内容:九州内ブロック協議会に依頼し、食料廃棄(食糧ロスの一部で、特にまだ食べられるのに捨てられているもの)を集め、食べ物に困っている福祉施設、子供達に提供する。
統計資料:日本では、年間2,842万トン(※)の食品廃棄物等が出されています。このうち、まだ食べられるのに廃棄される食品、いわゆる「食品ロス」は646万トン(※)。
日本人1人当たりに換算すると、「お茶碗約1杯分(約139g)」の食べ物"が毎日捨てられている計算となります。(※農林水産省及び環境省「平成27年度推計」)

⑫:エコドライブシュミレーション(環境省)

対象ターゲット:7.3
内容:燃費を向上させる運転を学べるシステム。

⑬:水素カーブース(MIRAI)

対象ターゲット:7.3・7.a・13.3
内容:FCVの開発を行い、世界のエネルギー効率の向上に貢献することで将来の気候変動の緩和に貢献している。

⑭:JICA九州ブース

対象ターゲット:1〜17の全ターゲット
内容:世界共通言語「SDGs」を通じ、海外や世界の状況を知ることで、日本のことも振り返り考える機会とする展示です。また、身近なところからSDGsを理解する展示や、途上国の課題解決を図るJICA事業の紹介をします。具体的には、写真やパネル、クイズボードを設置し紹介します。また、海外でのボランティアに関心ある人向けに、ボランティアOB/OGによる相談会も設置します。

⑮:ワークショップブース

対象ターゲット:1〜17の全ターゲット
内容①:「SDGs de 地方創生」とは、SDGsの考え方を地域の活性化に活かし、地方創生を実現する方法について参加者全員で対話し、考えるためのゲームです。日本の各地域が抱える課題も、世界が抱える課題と根本原因や構造が相似形であります。SDGsの考え方を理解することは地方創生にも役立てることができます。そのことを直観的、体感的に感じ、そして具体的なアクションへとつなげていく、そのことを促進するためのゲームです。
内容②:九州大学SDGsデザインユニットの井上教授がデザインの観点から、SDGsに関わる取り組み概要を講演して頂きます。
内容③:骨髄バンク啓発セミナーを日本骨髄バンクの方に講演して頂きます。さらには、参加者により理解を深めるために九州地区協議会直前会長の土岐会長に体験談を講演して頂きます。

 

 

 

 

Count per Day

  • 1164現在の記事:
  • 176今日の閲覧数:
  • 65今日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
PAGETOP
Copyright © 九州地区協議会 All Rights Reserved.