Doors to the Future「~21の可能性が織りなす、明るく豊かな神奈川の創造~」

事務局

事務局 基本方針

我々青年会議所は先人達の「新日本の再建は我々青年の仕事である。」という宣言の元に設立され明るい豊かな社会を目指す組織として活動の歴史を重ねて来ました。その中で、神奈川ブロック協議会の事務局は、土台である運営のサポートを通して全体の運動を最大化する役割を担って参りました。まだ見ぬ可能性へ向かって走り続ける県内21会員会議所をしっかりとサポートする伴走者となるべく、事務局は全力で活動を進めて参ります。まずは、人財の意識とスキルのレベルを高め各種会議の効果的な運営を徹底し、予定者段階では神奈川ブロック協議会の想いを伝播していくスタッフに対してスタッフセミナーの開催をし、新しい可能性を感じて頂きます。また、平時より県内21会員会議所と密で良好な関係を築き、災害時にもCHARMかながわ運用の要である各地情報の迅速な統合に繋げます。そして、京都会議ブロックナイトの設営では本会出向および各種大会運営をするメンバーにエールを送ります。第一回全体会議の設営では、神奈川ブロック協議会の結束と活動の理解を推進し、参加者全員が今年新しい可能性が開けると確信する設えを行い、県内隅々にまでその想いを波及させて行きます。また、地区、全国、世界を括りとした各種大会については、メンバーはもちろん新入会員もその内容の理解と期待をもって参加して頂けるよう登録支援をし、貴重な成長の機会に踏み出せるよう後押し致します。さらに、2020年度神奈川ブロック協議会の終点の場として第二回全体会議を設営し、新しい可能性へ踏み出した者同士、健闘を称えあい、更なる歩みへと紡いでいく場とします。神奈川ブロック協議会と県内21会員会議所が手を取り合い、想いやりある運営体制を実現する事でメンバーが組織を愛し、強固な信頼関係を作ります。そして安心して挑戦出来るその土壌から、21の可能性が織りなす、明るく豊かな神奈川の創造を実現致します。

事務局 局長 木村 惇
(公益社団法人厚木青年会議所)

事業計画

1:神奈川ブロック協議会会員会議所会議及び諸会議の設営(通年)
2:神奈川ブロック協議会スタッフセミナーの開催(19年11月)
3:CHARMかながわの運用(通年)
4:京都会議ブロックナイトの開催(1月)
5:神奈川ブロック協議会全体会議の設営(2月・11月)
6:地区大会参加登録支援(通年)
7:サマーカンファレンス参加登録支援(通年)
8:JCI ASPACアンコール大会への参加登録支援(通年)
9:JCI Wоrld Cоngress横浜大会への参加登録支援(通年)

PAGETOP
Copyright © 神奈川ブロック協議会 All Rights Reserved.
English