Doors to the Future「~21の可能性が織りなす、明るく豊かな神奈川の創造~」

かながわ発信委員会

  • HOME »
  • かながわ発信委員会

かながわ発信委員会 基本方針

我々の住み暮らす神奈川は、先人達の並々ならぬ覚悟と努力により作り上げられてきました。人口の増加とともに発展を続け、今や日本社会・経済を牽引する地域にもなりましたが、人口減少期に突入し経済発展のあり方に変革が求められる今、青年経済人として地域社会の課題を解決していくためには、県内青年会議所が持つ様々な可能性を見出して新たな発展のあり方を追求し、神奈川の可能性として世界へ向けて発信する必要があります。まずは、我々青年会議所という団体の認知度向上を図ることを目的に神奈川ブロック協議会や県内青年会議所の事業を情報収集し、国内外の受け手の視点に立った運動発信をして参ります。そして、行政とのパートナーシップを強め、青年経済人の視点から社会課題の解決に貢献するため、神奈川県知事との政策懇話会を開催いたします。また、ASPACアンコール大会では、神奈川の魅力を生かしたブースを設え、神奈川の運動を発信してアジア圏とのパートナーシップを構築する窓口となって参ります。さらに、JCI World Congress横浜大会では、ウェルカムナイトを開催して来場者のおもてなしをするとともに、神奈川ブロック協議会が主体となり神奈川の取り組みや魅力を発信する事業を開催いたします。横浜大会を通じて、神奈川がこれまで以上に可能性あふれる地域として認識されるように情報発信するとともに、神奈川ブロック協議会が県内青年会議所と世界との繋がりの窓口となり、世界中のJAYCEEとの交流を通じて発想と発想の相乗効果を生み出し、社会課題の解決を図る原動力となるように運動発信をして参ります。神奈川ブロック協議会と県内青年会議所が展開した運動の発信が、広く各所に波及し世界とのパートナーシップを通じて様々な可能性を生み、持続可能な社会へ向けた運動の起点となることで、21の可能性が織りなす、明るく豊かな神奈川の創造を実現いたします。

かながわ発信委員会 委員長 星原 正明
(一般社団法人横浜青年会議所)

事業計画

1:神奈川県知事との政策懇話会の実施(3月)
2:JCI ASPACアンコール大会での神奈川ブースの企画・運営(6月)
3:JCI World Congress横浜大会における神奈川ブロック担当事業の開催
4:JCI World Congress横浜大会ウェルカムナイトの企画・運営・実施(11月)
5:世界に向けた情報発信ツールの運用(通年)
6:【ブロ連】多面的な安全保障に関する国民的議論を巻き起こす事業の実施
7:各会議・局・委員会事業への協力(通年)

PAGETOP
Copyright © 神奈川ブロック協議会 All Rights Reserved.
English