提言文提出
 日頃より埼玉県内各地にお住まいの皆様には、公益社団法人日本青年会議所関東地区埼玉ブロック協議会に対しまして、ご理解とご協力を賜り心より御礼申し上げます。昨今全国の報道等で取り沙汰されております新型コロナウイルス感染症により、お亡くなりなられた方々にお悔やみと、治療に専念されております方々に対して心よりお見舞いを申し上げます。また、医療従事者をはじめ、行政の皆様、私たちの生活を支えてくださるお仕事の皆様、感染防止にご尽力されている皆様に深く感謝申し上げます。
さて、新型コロナウイルスが世界的に流行し、経済・教育・医療・福祉など様々な分野に深刻な影響が出ており、皆様におかれましては経験したことの無い非常事態に不安と焦り、ご心労はいかばかりかとお察し申し上げます。
私たち公益社団法人日本青年会議所では、全国で活動するメンバーを対象に新型コロナウイルスに伴う調査アンケートを実施し、その結果に基づきそれぞれのブロック協議会において都道府県ごとの緊急提言書を作成しました。そして内田会長をはじめとする埼玉ブロック協議会役員が5月22日に埼玉県庁を訪問し、埼玉県行政共助社会づくり課 課長 堀光美知子様へ提出して参りました。ご対応いただきました堀光様をはじめ、副課長 加藤和美様、主幹 金井宏一様、ご多用のところありがとうございました。
埼玉県知事 大野元裕様におかれましては、ぜひ提言の趣旨と内容をお汲み取りいただき、施策実現につなげていただくことをお願いいたします。また、私ども公益社団法人日本青年会議所関東地区埼玉ブロック協議会は、埼玉県に暮らす皆様の為にもこの未曽有の事態に対する取り組みを継続し、埼玉県の振興に努めて参りたいと考えております。
これからも皆様のご支援、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

DSC02541
teigensyo
gaiyou

提言書内容