2020年度兵庫ブロック協議会ホームページ

JC運動発信委員会

  • HOME »
  • JC運動発信委員会

JC運動発信委員会 委員長 藤田 壮一

fujita

 私たちは、明るい豊かな社会の実現を目指すまちづくりを行う団体であり、これまでJC運動として、事業や例会にてSDGsの推進に取り組み、内外に認知されつつあります。LOMの事業が広報を通じて未来を担う若者に広がり、当事者意識が醸成され、LOMを中心に地域で活躍する若者や中小企業、関係各種団体に、持続可能な社会の必要性が理解され、認知されるだけではなくSDGsを実践する人材で溢れる社会の創造が必要です。

まずは、私たちや様々な人と団体がSDGsから自身に合った目標を設定し、地域に眠る課題を解決し、自身の豊かな生活へつなげるために、若者や中小企業、関係各種団体のSDGsの認知度を上げ協力者を巻き込むことで、持続可能な地域社会が実現されます。そして、若者や中小企業、関係各種団体にLOMや兵庫ブロック協議会の運動を周知させるために、私たちの運動をソーシャルメディアや地域の経済団体を通じて発信し、県民にとってJCの存在価値が高まることで、地域にとって私たちが更に必要とされます。さらに、兵庫ブロック協議会やLOMが県民に正しく理解されるために、必要とされる情報をマスメディアと連携を取り、解りやすく発信することで、県民のJC運動に対する認知度が向上し、県民をはじめ、未来を担う若者にJC運動が身近に伝わります。また、会員間の交流を深めるために、各種大会でのブロックナイトを開催することで、兵庫県への帰属意識が生まれます。そして、兵庫県下の地域を活性化するために、各種大会で地域の魅力を活かしたブース出展をすることで、兵庫県の魅力が県内外に留まることなく広がります。

若者や中小企業、関係諸団体の協同を経て県民とともにSDGsの取り組みが習慣化され、兵庫ブロック協議会がSDGsを日本一推進する、存在価値や認知度が高い、地域から必要とされる組織へと進化し、誰もが幸せを感じ未来に希望がもてる兵庫を実現します。

 

 

<事業計画>

1.地域社会でSDGsを推進する事業の実施

2.兵庫ブロック内各地会員会議所各種情報の効果的手法の研究と迅速な発信

3.ブロックホームページの管理・運営

4.マスメディアとの連携に関する業務

5.JC運動の県民への周知に関する業務

6.各種会議・大会におけるナイト・ブース設営検討・運営に関する業務

7.各会議・委員会との連携

8.会長諮問に対する答申業務

事業・委員会

日本青年会議所

兵庫ブロック協議会25LOM

PAGETOP
Copyright © 近畿地区兵庫ブロック協議会 All Rights Reserved.