3月24日(火曜日)、宮崎青年会議所事務局にて、「みやざき子ども未来ネットワーク」と「公益社団法人日本青年会議所九州地区宮崎ブロック協議会」との子どもの貧困対策推進のための包括連携協定の調印式後に、早速、一般社団法人宮崎青年会議所の黒田福太郎宮崎JC理事長から新型コロナウィルスの影響で消毒用品が不足する中、除菌用アルコールを寄付させて頂きました。
みやざき子ども未来ネットワークは宮崎県内各地で子ども食堂を展開しており、そちらの施設にて除菌用アルコールを使用して頂きます。今後も子どもの貧困対策に向けて活動の支援を行っていきます。S__61554748

S__61554750

 

 

【記事作成者】魅力ある人財・SDGs推進委員会委員長 中澤彰仁