~新年のご挨拶~

2020年度スローガン
【絆をつなぎ奇跡を起こそう 笑顔あふれる宮城のために】

令和2年の新春を迎え、謹んでお慶び申し上げます。
平素は、公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会の取り組みに際し、格別なるご高配を賜り、厚く御礼を申し上げます。
豊かな自然の恵みを受け、四季折々に素晴らしい魅力を有する宮城。愛する郷土に未曽有の被害をもたらした東日本大震災から10年目を迎える2020年は宮城県震災復興計画における発展期の最終年度を迎えます。震災以後の新たな郷土の姿を思い描き、力強く発信することができれば、我々が新たな宮城に向けての道標となり震災以後の時代をけん引できると確信しています。

そのためには、持続的により良い組織の変革ができるよう自らを見つめなおす組織改革、安全を多方面からとらえ自分たちの身は自ら守るといった意識の醸成、そして宮城県内11LOMの絆をさらに強固なものとすることが重要であると考えます。

組織改革は我々の運動を効果的に発信する機動的な組織を構築するとともに、自らを見つめなおし変えるべき点を変えていくことで、誰もが進んで入会を望む団体へと変化させてまいります。

そして、新たな宮城の姿を思い描くには安全に対する意識の醸成も欠かせません。安全を多面的にとらえることのできる機会を創出し、我々だけでなく県民一人ひとりが自分たちの身は自ら守るといった考えを宮城県全域へと浸透を図ります。

それらを行うには宮城県内11LOMの協力が欠かせません。宮城ブロック内のネットワークの強化を今まで以上に図り、個では解決できないものも団として解決に導いていくネットワークを県内隅々にまで張り巡らせてまいります。

 

絆をつなぎ奇跡を起こそう 笑顔あふれる宮城のために

 

最後に、県民の皆様の一層の御理解と御支援をお願い申し上げるとともに、本年が皆様一人ひとりにとって、実り多き素晴らしい一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

公益社団法人日本青年会議所 宮城ブロック協議会
2020年度会長 渡邊光太郎