東海フォーラム2020運営委員会が多治見の地で開催されました。

委員会は東海フォーラム2020開催地LOMの虎山理事長が副住職を務める虎渓山永保寺にて成功祈願祭より始まりました。
開催前には東海フォーラム2020の開催会場となる多治見市総合体育館の現地調査を行い、エクスカーションとして岐阜県が有する国宝3件のうち2件を有する虎渓山永保寺の見学、そして成功祈願祭、委員会開催とオンオフがしっかりしている委員会運営をされているのが印象的でした。

委員会では東海フォーラムの本体議案が3月より上程が始まるということで、上程直前の計画書に関し、委員会メンバーに最終確認を実施されていました。

86406443_3116760538336773_5299392715824300032_o86205679_3116760355003458_7218983625277046784_o 86274443_3116760365003457_1311721911717199872_o 86627736_3116760345003459_6557630834323488768_o 86277327_3116760001670160_4037798518469951488_o