うどんだけじゃない!香川県内6つの青年会議所(JC)の香川ブロック協議会公式ホームページです!

香川ブロック協議会事業サマリー

  • HOME »
  • 香川ブロック協議会事業サマリー

公益社団法人 日本青年会議所 四国地区 香川ブロック協議会

会長  友枝 俊陽

【現状分析】                                    

香川は昔より雨量の少ない県で水不足に悩まされてきました。水事情に悩まされてきた県だからこそ 水の大切さを今一度、考えるとともに将来的に世界人口の増加による水不足問題と向き合い人類の水事情を真剣に考える必要があると考えます。また、1993年の人口103万人をピークに減少しはじ め2040年には77万人程度まで減少すると言われており、消費の減少、経済の縮小など様々な問 題と向き合い、新たな産業を創出していくきっかけが必要と考えます。また青年会議所に目をむければ年々、ブロック全体の会員数が減少しており、且つ拡大に苦戦しているLOMもあり、会員拡大は急務を要しております。


【活動概要】 SDGs:4・6・8・10・11

■地域社会でSDGsを達成していくための事業

SMILE by WATER事業を企画・実施し、企業、自治体と連携することで、すべての人が水資源の大切さを理解し平和と豊かさを実感し、安心して暮らせる地域社会の実現を目指しSDGsの認知向上につなげます。また、魅力あふれる地域資源を活かした新たな財を掘り起こし、その魅力によって地域の文化や産品の発信力を強め、新たな産業・経済へと繋なげ持続可能な経済の創出につなげる。

■ブロックと連携した会員拡大支援の企画・実施

香川ブロック協議会が会員拡大や人材育成に必要な情報を各LOMで共有できる仕組みを構築し、包摂的に支援の体制を築き、各LOMが開催する異業種交流会や拡大交流会などに6LOMのメンバー及び候補者が積極的に参加し、県下での交流域を拡大し、一人でも多くの方と交流する中で拡大につなげる。


【K P I】

■SDGs

SMILE by WATER事業の企画・実施し10,000人募金達成し10,000人の県民にSDGsの意識向上を図る。 新たな財の掘り起こしによって新たな産業・経済の創出につなげ2018年の県内景気動向指数(一 致指数)130を上回り、持続可能になるようにする。

■会員拡大

香川ブロック協議会、会員総数330名(2019年期首比33%増)を達成します。 LOMメンバー30名以下のLOMを失くします。


【IMPACT 】( 影 響 力 )

■SDGs

社会問題に対する低意識の地域社会に対し、問題意識の醸成をはかることを行い、昔より水不足に悩まされた香川だからこそできることがある認識を強める。

■会員拡大

会員減少や拡大に悩むLOMに対し、会員拡大と人材育成の大切さを周知することで地域活性化へつながる会員拡大の実施を促します。


【MOTIVATE 】( 意 欲 )

■SDGs

SDGsに対する考えや意識を高め、問題解決に対し挑戦する勇気と新たな取り組みを行い、刺激とモチベーションの創出にします。

■会員拡大

各LOMで開催する交流会等へブロック内全てのLOMから積極的に参加し、より多くの人と交流できる機会をつくり、繋がりが広がることへの喜びを醸成します。


【INVEST 】( 投 資 )

■SDGs

SMILE by WATER事業を通じ昔より水不足に悩まされた香川だからこそできる、世界の水事情を理解し、SDGsを通じ個人が参画する意識向上に投資を行う。また、自分たちの住み暮らす香川の水事情についても今一度向き合い、水資源の大切さを考える機会に投資します。 地域資源を活かした新たな財を掘り起こし、その魅力によって地域の文化や産品の発信力を強め、 新たな産業・経済へと繋なげ持続可能な経済の創出にむけた投資を行う。

■会員拡大

香川ブロック協議会から常に包摂的な支援が可能になる仕組みの構築に対し投資を行い、継続的に拡大支援が可能な拡大システムを確立します。


【COLLABORATE 】( 協 力 )

■SDGs

香川ブロック協議会と、県内各自治体や各種団体、企業などが協力してSDGsに取り組み持続可能な社会の実現へ向けた関係を構築する。

■会員拡大

各LOMの理事長をはじめ、拡大担当者や先輩に協力を依頼し、各LOMが開催する交流会に多LOM より一人でも多くが参加し交流をし会員拡大を達成する。


【CONNECT 】( つ な が り )

■SDGs

県内各自治体や各種団体、企業などと協力してSDGsに対する認知度の向上と協力関係にある方々が率先してSDGsへの取り組みを行い持続可能な社会の実現へとつなげます。

■会員拡大

 香川ブロック協議会と各LOMの拡大担当者が常に連携協力し、様々な情報を共有することで持続的 拡大支援を構築し6LOMが協力し合いながら拡大成功へとつなげます。


【政 策 手 法 】( ゴ ー ル デ ン サ ー ク ル )

■SDGs

Why(理由):SDGsの重要性を理解し、多くの人に広めていく必要性があるため。How(手法):地域イベントや香川ブロック大会など多くの方を対象にし意識向上に繋げる。 What(対象):県民および会員。

■会員拡大

Why(理由): 会員拡大と人材育成の必要性を共有し持続可能な拡大支援を構築するため。 How(手法):各LOMの交流会に6LOMから交流会に参加し県下での交流域を広げ拡大に繋げる。 What(行動):多LOMの交流会に誰もが積極的に参加する。


【パートナー】

香川県各自治体、企業3社以上、各種団体 シニアメンバー

PAGETOP
Copyright © 香川ブロック協議会 All Rights Reserved.