事業名称

天草エンタメCh「あまピカ」 ~うちで学ぶ!自由研究~

申請LOM

一般社団法人 天草本渡青年会議所

事業に至る背景

新型コロナウイルスの世界的な流行により、我々日本国民は3密と呼ばれる密閉空間、密集場所、密接場面を避けるように求められています。流行の収まるタイミング、次の流行が発生するタイミングを予想することは出来ません。このような状況下では、青年会議所がこれまで行ってきたまちづくり事業のような人を一カ所に集める事業を行う事が出来ません。また、長期的に感染拡大を予防する「新しい生活様式」を取り入れることが社会的に求められており、青年会議所の事業においても取り入れることで、立ち止まることなく我々が実現したい明るい豊かな社会への実現へと一歩踏み出せると考えられます。

事業の目的

天草地域の学生が、地域のことを知り、将来のきっかけになるような学びを得てもらうことを目的とする。

事業概要

本事業は地域のことを知り、将来のきっかけになるような学びを得てもらうことを目的としている。高校生になると具体的な進路を考える必要があるため、本事業においては、中学生を主対象として実施する。
本事業に向けて、学生向け、学びの場となるYouTubeチャンネルを開設し、天草地域の学生が見てもらうことで学びを得られるコンテンツをオンライン配信する。
配信方法はLive配信と収録コンテンツのアップロードのいずれかまたは両方とする。
複数回開催し、まちづくり委員会、交流委員会、青少年委員会、拡大・広報委員会でそれぞれコンテンツの企画および収録を行う。
時間の目安は各委員会あたりライブ配信の場合1回1時間以内で全1~2回、収録の場合は10分~15分以内で3~4回とする。
コンテンツの内容によっては専門家や有識者に依頼する。
オンライン配信したものについては、後日編集しYouTube等でのアップを行う。

結果・影響(LOM、社会)

本年、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、例年行うまちづくり事業や青少年健全育成事業を中止し、各委員会合同でオンラインコンテンツを持ち寄る本事業を行いました。
未曾有の事態でも諦めずに、何が出来るのかを追求し本事業が行えたことはLOMとしても大きな成長に繋がりました。
また、参加者からは、天草のことが知れて良かった、天草のことをもっと知りたいと思った、シリーズ化して欲しいなどのお声をいただき、今後の私たちの可能性を広げる事業となりました。

協力団体

講師:天草海部・熊本ダイビングサービスよかよか・風来望・IMBRIZ

事業風景天草エンタメCh「あまピカ」 ~うちで学ぶ!自由研究~-1