ようこそ愛媛ブロック協議会のホームページへ
愛媛県にある2020年度青年会議所(通称JC:ジェイシー)が取り組んでいる愛媛の経済好循環にむけた取り組みを中心に、各自治体、他団体などの取組みなど、情報を共有しています。
sdg_icon_wheel_rgb-290x290

青年会議所の組織的な記事です。
これまでのやり方では負担が大きくなり活動が続けられなくなってしまう懸念に対しても真摯に向き合い意見を取りまとめ、次年度以降の参考に答申書をまとめています。まとめたのは四国地区愛媛ブロック協議会JCI法皇から出向している種田会長(公益社団法人日本青年会議所四国地区協議会会長)です。
123986268_2660327424277538_8897001546853133013_n

答申書の中身

総論から効果までをアンケートをまとめたりチームで意見集約をしています。
gori0I9A3053072102529_TP_V

【 結 論 】
地区協議会およびブロック協議会は、LOM支援という協議会の最も重要な役割に原点回帰するため、日本青年会議所本会と一体となって現状の課題を改善し、時代に応じた機能と形態へアップデートすべきである。

【 背 景 】
会員の減少により1LOM当たりの会員数は減少し、特に少人数LOMの増加に伴い協議会への輩出がLOMの活動を行ううえで難しくなっている現状があります。また地区協議会とブロック協議会の役割が明確に分けられていないことから、対象者が変わらない同一事業を行うなど、地区協議会・ブロック協議会の二重構造となっています。これらのことが複雑に絡み合い、LOMまたは個人の負担感として表れています。

【 目 的 】
公益社団法人日本青年会議所本会および協議会はLOM支援という原点に立ち戻り、協議会がLOMからのメンバーの輩出によって成立し、LOMとLOMメンバーのための活動を実施するべき組織であることを改めて確認する。そのうえで、地区協議会・ブロック協議会の役割を明確にしたうえで、スケールメリットを活かした事業を実施する組織へと変化することを目的とします。

【 効 果 】
本答申書によって、公益社団法人日本青年会議所本会および協議会が時代に応じて変わるべきであるとの意思を表明し、実際に変化することで2020年代の協議会がLOMにとって魅力的な組織となり、LOMと個人の負担及び負担感を軽減するとともにLOMの運動を最大化する組織となります。

▶詳しくはコチラ

まとめ

様々な組織もマンネリ化や、バグが発生しているのではないでしょうか。
答申書を参考にそれぞれの組織のバグを修正して時代に合わせたアップデートをしてみませんか。

愛媛はみかんだけですか? いや、そんなことないですよ。
最後までお読みいただきありがとうございます。

———————————————–
Facebookページへの「いいね!」もお願いします。
愛媛ブロック協議会▶https://www.facebook.com/jci.ehimeblock/