328
ようこそ愛媛ブロック協議会のホームページへ
 愛媛県にある2020年度青年会議所(通称JC:ジェイシー)が取り組んでいる愛媛の経済好循環にむけた取り組みを中心に、各自治体、他団体などの取組みなど、愛媛県民の皆さまにとって有益な情報を共有しています。愛媛県には8つの青年会議所があり、その中でも全国で328番目に認証されたのが東予(とうよ)エリアにある公益社団法人新居浜青年会議所です。新居浜青年会議所の本年度理事長にも、新居浜市経済を好循環させるために、総合戦略を書いていただいています。それらの情報を基に、愛媛ブロック協議会もしっかりとサポートをしています。総合戦略はオフィシャルなものではありませんが、各地理事長がどのような思いで地域に向き合っているのかの指標にもなります。ご理解どうぞよろしくお願いします。

1.1 新居浜市の人口推移

2015年 119,903 人(男 57,551 人/女 62,352 人)
2019年 119,157 人(男 57,204 人/女 61,953 人)▲0.0063%
2025年 約 110,000 人 ▲-0.077%(予想)
【出典】
「新居浜市ホームページ」https://www.city.niihama.lg.jp/

1.2 新居浜市の人口変化の要因

 新居浜市の人口は、松山市、今治市に次いで県内で3番目に多くなっていますが、昭和 55 年の 132,339 人をピークに減少し続けており、ここ 10~15 年では、1年あたり 300~400 人のペースで減少しています。年少人口、生産年齢人口は減少している一方、老年人口は増加しており、全体の約3割を占めています。
人口変化の主な要因としては、以下の要因が考えられます。

(1)出生者数と死亡者数の推移
平成 13 年までは出生者数が死亡者数を上回る自然増の状態が続いていましたが、平成 14 年に死亡者数が出生者数を上回り、以降自然減が続いています。また因果関係の深い未婚率においても、年々上昇を続けており、特に、30 代以降の未婚率が上昇しています。

(2)転入者数と転出者数の推移
平成 14 年までは転出者数が転入者数を上回る社会減の状態が続き、その後一定期間、社会増減が均衡していましたが、ここ数年は、再び転出者数が転入者数を上回る状態となっています。これは、10 代での専門学校や大学進学などに伴う転出者が多く、20 代・30 代前半の就職等による転入者が多いことが要因と思われます。特に女性において、その傾向が顕著になっています。
【出典】
「新居浜市ホームページ」https://www.city.niihama.lg.jp/

1.3 新居浜市の雇用の状況

 新居浜市の GDP は、約 4,800 億円で、製造業の割合が最も多く 32.8%を占め、次いでサービス業、不動産業が多い。また、市内就業者の状況を業種別で見ると、製造業、商業、医療・福祉がトップ3の割合を占めており、地域の雇用を吸収していることがわかる。通勤流動は、隣接する西条市及び四国中央市との流動が多く、市外から新居浜市への通勤者は約 8,500 人、新居浜市から市外への通勤者は約 6,500 人となり、おおよそ 2,000 人の流入超過です。特に、西条市からの市内通勤者が多く、流入超過の大半を占めている。一方、産業の主である製造業では、若年層の製造業離れなどによる労働者不足が深刻化しており、労働力確保が課題となっています。有効求人倍率については、令和元年 7 月度時点で原数値 1.91 倍(前年度同月より 0.08減少)となっており、中予・南予地域に比べ高い水準で推移しています。依然として、各職種・職業において慢性的な人材不足の状態です。
【出典】
「新居浜市ホームページ」https://www.city.niihama.lg.jp/
「愛媛労働局」https://jsite.mhlw.go.jp/ehime-roudoukyoku/

2 日本でいちばん〇〇な青年会議所を宣言する

 本年度愛媛ブロック協議会では、各地青年会議所理事長様にそれぞれの会議所を『日本でいちばん〇〇』な青年会議所です。と宣言していただきました。なぜ、これを本年度したかというと、愛媛ブロック協議会を日本でいちばんがあつまる普通じゃない場所にしたいからです。県内にある日本でいちばんが愛媛ブロック協議会の全体会やブロック大会には集まってきますよ!

公益社団法人新居浜青年会議所 第55代理事長 伊藤誠君です。

ito

 伊藤理事長が宣言する日本でいちばん〇〇な青年会議所は
【日本でいちばん笑う青年会議所】です。

スローガンは、団結 ~笑顔でいたいから強くなる~

<基本方針>
「組織で行なう」メンバーが団結し全員で取り組む会員拡大
メンバーがスキルアップする魅力ある例会設営
市民から愛される活力のあるまちづくりの事業展開
地域の宝、未来を担う青少年に夢をあたえる事業展開
次世代を担う若手会員の教育・育成
公益社団法人新居浜青年会議所の魅力発信・広報
夢を語れる同士・仲間づくり

▼新居浜青年会議所ホームページはコチラから▼
http://www.niihamajc.jp/

▼ローカル情報発信ポータルサイト「まいぷれ」▼
http://niihama.mypl.net/article/seinenkaigisho_niihama

3.1 地域における2020年度新居浜青年会議所の役割(ブランディング)

 新居浜青年会議所は 1966 年に設立し、設立趣意書にある「楽しく住みよい社会をつくるには次代の担い手、推進力として私達青年の力が必要である」とあります。経済人としてまだまだ若い私達ではありますが、失敗を恐れず挑戦を続け、明るい豊かな社会の実現にむけて日々、邁進してまいります。

3.2 負担→生きがいへと、組織改革について

 団体に入会し役を受けることは負担であるが、時間を共有し語り合い行動した人は友であり刺激を与え与えられることで自身の人間性を高めることが財産であり生きがいだと考えます。したがって私は笑顔を忘れず、負担は将来の生きがいになることをメンバーに行動をもってつたえます。
JC_200106_0004

3.3 1年後の姿

 新居浜市になくてはならい団体、そして企業へ成長するようメンバー全体が成長します。
20100110_200111_0205-1024x683

【参考文献】
「新居浜市ホームページ」https://www.city.niihama.lg.jp/
「愛媛労働局」https://jsite.mhlw.go.jp/ehime-roudoukyoku/

まとめ

 今回は新居浜青年会議所伊藤理事長のご協力によって、地域の総合戦略を書いていただきました。これだけの思いがあって、そして根拠もあって、だからこそ今やらなきゃいけない事を青年会議所は率先して行動しています。是非ともご理解と応援よろしくお願いします。メンバーも募集中です。

 愛媛はみかんだけですか? いや、そんなことないですよ。
 最後までお読みいただきありがとうございます。

———————————————–
Facebookページへの「いいね!」もお願いします。
愛媛ブロック協議会▶https://www.facebook.com/jci.ehimeblock/
新居浜青年会議所▶https://www.facebook.com/niihamajc/

ライター:岡田