1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

2312271629
2312271626
2312271629

公益社団法人 日本青年会議所

中国地区

広島ブロック協議会

広島ブロック協議会の様々な取り組み

S__15073303
LINE_ALBUM_2月府中JC例会_240220_1
LINE_ALBUM_20240205 ブロック役員団来呉_240208_9
LINE_ALBUM_新春交流会_240130_1
S__14057478
S__13697036
S__13164573-1
S__15073303
LINE_ALBUM_2月府中JC例会_240220_1
LINE_ALBUM_20240205 ブロック役員団来呉_240208_9
LINE_ALBUM_新春交流会_240130_1
S__14057478
S__13697036
S__15073303
LINE_ALBUM_2月府中JC例会_240220_1
LINE_ALBUM_20240205 ブロック役員団来呉_240208_9
LINE_ALBUM_新春交流会_240130_1
1 2

広島ブロック協議会について

公益社団法人日本青年会議所

広島ブロック協議会

2024年度 会長

貝原 祥之 君

(一般社団法人府中青年会議所 )

2024年度広島ブロック協議会組織図
2024年度広島ブロック協議会公式スケジュール

広島ブロック協議会の青年会議所

会議体・委員会紹介

会長

2024年度会長 貝原 祥之
(所属:一般社団法人府中青年会議所)

基本理念
「新たな1を生み出し 笑顔と希望あふれる広島へ」
スローガン
「One プラス」
基本方針
1. 地域の魅力・価値の発信と体験による地域経済の活性化
2. 会員拡大と育成によるメンバーの成長と JC 運動の最大化
3. メンバー交流による人脈の拡大、連携の強化
4. 組織力の強化

私たち一人ひとりは何のために JC に入っているのか。それぞれの思いはありますが、そのこたえは青年会議所の組織の在り方が示しています。
「青年会議所は、青年が社会により良い変化をもたらすためにリーダーシップの開発と成長の機会を提供する。」
「青年会議所が、若きリーダーの国際的ネットワークを先導する組織となる。」
JCI Creed や JCI Mission が示しているように、世の中の動向が変化したとしても、私たちは社会により良い変化をもたらすために、自身のリーダーシップの開発と成長を通じて、ネットワークを構築していくことが役割です。
日本青年会議所をはじめ、各地区協議会や各ブロック協議会という組織があるのは、各 LOM の個性の調和を図り、ネットワークをより強固にして運動の力を促進するためです。
広島県内各 LOM は、その地域での課題を解決すべく動いており、その行動や考えは最大限に尊重されるべきです。その中で広島ブロック協議会の役割は、各 LOM の運動を広島県として最大化することです。

2024年度は、2023 年度までの良い流れを活かし、さらなるネットワークを構築していきます。激動する社会情勢の中で明るい豊かな社会の実現を真に狙うには、メンバーや各 LOM の個性を発揮し、そしてその個性のつながりの連鎖によって、広島県全体の活力を増強させていくことが必要です。
コロナの影響が収束した今だからこそ、私たちは手を取りあい、1歩でも大きな勇気を持ち、1 人でも多くの人とつながり、1 つでも多くの価値を生み出し、笑顔と希望あふれる広島をつくり上げていきしょう。

直前会長

直前会長 島田 宗輔
(所属:一般社団法人福山青年会議所)

社会グループ 副会長

副会長 安保 大輔
(所属:一般社団法人尾道青年会議所)

2014年に我が国が地方創生を掲げてはや10年。多くの人々が行動を起こしていますが、地方の人口減少、その結果引き起こされる地域経済の低迷は歯止めが効いておらず、我々の住む広島県もまた大きな問題に直面しています。新型コロナウイルスによる停滞から少しずつ前へ向けて歩み始めている今こそ、我々青年経済人が地域を盛り上げ、新たな価値を生み出し、地域を動かしていく原動力となる必要があります。
地域を盛り上げ、動かしていくために我々に必要な行動は何でしょうか。それは我々ができる限り多くの広島県各地域の魅力を知り、県外、海外にその魅力を強く発信していくことです。広島ブロック協議会は広島県中の会員が一堂に会す場です。広島県をより良く、より魅力あふれる地にという志を持つ多くの仲間たちが集っています。そして、ブロック協議会に出向しておらずとも、素晴らしい志を持つ会員の方々が県内各 LOM にいらっしゃいます。
ブロック協議会と LOM で連携し、魅力あふれる広島県を国内外に発信し、各地域の経済活性化を目指すことは我々の使命です。自分たちの住む地域を知り、他の会員が住む地域を知り、相互理解を深めていくことはその最大の近道です。かけがえのない仲間たちと多くの魅力を語らい、集め、我々の手で展開していきましょう。その活動は必ず地方創生を達成する一助となります。
2023年には多くの事業がコロナ前と同じ規模に戻ってきました。しかし、コロナ禍の3年で失われた物は数多くあります。ブロックと LOM の交流、LOM と LOM の交流、そして LOM と地域の交流・連携。年度は失2024われたものを取り戻し、そこに新たなる価値を生み出し、加え、地域を、LOM を、そして広島ブロック協議会を活性化し、沢山の笑顔と希望にあふれる広島にするため、一年間全力で取り組んでまいります。

交流グループ 副会長

副会長 角甲 俊司
(所属:一般社団法人福山青年会議所)

現在、戦争や紛争、未知の感染症などの影響を受け、変動性、不確実性、複雑性、曖昧性からなるVUCA の時代に突入しています。未来の予測が困難な中、私たちは劇的な環境の変化への対応を強いられ、生活や考え方の変革を求められています。この時代を生き抜く為に、今まで当たり前と思っていたものを捉え直し、想 定 外 のことにも柔 軟 に対 応 し、迅 速 に行 動 する能 力 が求 められています。こういった人財が必要とされている現在、リーダーシップの開発と成長の機会を提供するという私たちのミッションを果たし、今より 1 歩でも前へと先導することができる組織となってまいりましょう。
劇的に変化した社会情勢の中、私たちは大きな力も手にしました。今や、諸会議や各事業はリモート環境の発達により現地と遜色なく学びを享受できるようになりました。今までにないような働き方や生活様式が一般的になってきている現代では、この力は手放すことのできないものとなっています。コミュニケーションの機会は増加し、人的ネットワークの構築も以前と比べるとボリューム、スピード感ともに増している反面、希薄になっている部分も顕在化しています。リアルな交流でこそ培われる友情やつながりは必ずあります。地域の活性化やリーダーシップの開発と成長には、人的ネットワークの構築は必要不可欠です。今だからこそ、より強く、1 人でも多くの人とつながることのできる事業を模索し、構築していく必要があるのです。
広島ブロック協議会は 12 の LOM から構成されています。この 12LOM 内のメンバー間のつながりが強固であるほど、広島県内の活気は増していきます。私たちは既に日本青年会議所をはじめとした全国規模のネットワークを有しています。広島ブロック協議会のつながりを広めることができれば、そのつながりは全国にそして世界へと広がっていきます。勇気を出して第 1 歩を踏み出し、個人と LOM の個性を最大限発揮することのできる交流事業に参加することで、お互いを高め合い、つながりを強固にして予測困難な時代に対応していきましょう。
先行きの見えないこの時代でも私たちは未来のために運動を続けていかなくてはいけません。しかしどんなに困難な道でも、明るい豊かな社会を築き上げるという同じ志をもち、社会により良い変化をもたらすために日々活動する仲間と手を取り合い、切磋琢磨することで前に進むことができます。この仲間たちのつながりが創る強固なネットワークを信じて明るい未来を築いてまいりましょう。1 人でも多くのつながりを創るため、1 年間邁進してまいります。

組織グループ 副会長

副会長 坂倉 敬済
(所属:一般社団法人広島青年会議所)

我々、青年会議所は、明るい豊かな社会の実現を目指す団体です。戦後復興は我々青年の手でという声を上げてスタートした青年会議所運動は、各地の青年たちを巻き込み、共に向上し合い、社会貢献する団体として多くの活動や運動を行ってきました。しかし、近年、少子高齢化が進み、その会員減少と共に影響力が弱くなり、多様な社会へ移り変わる中で、我々が運動する意義を少しずつ見失いかけているメンバーもいるように思います。
しかし、全世界を襲った新型コロナウイルスにより、外出や人との関りに規制がかかり、社会や経済が停滞する中でも、「自分たちが運動を停めたらどうするんだ?」「何かできることはないか?」と考え続け、まちやそこに住み暮らす市民を元気にしたいと行動に移していく姿は、まさにJaycee の姿だと思います。
こういった創始から続く理念は、今も多くの Jaycee に脈々と受け継がれているとは思いますが、言語化できず、実感できていない人もまだまだいるのかもしれません。

そんな中で、2021 年度に理念共感確大グランドデザインが策定され、会員への理念浸透による JC 運動の最大化が掲げられました。2024 年度は、この計画の 4 年目であり、まさに理念の浸透が効果を結び始める年となります。
そこで、広島ブロック協議会内全 12LOM の会員が強い連携をもって運動を展開し、まち全体に JC 運動への共感を集めるという強いを想いをもってもらえるように、One プラスというスローガンのもと、これまでの活動や運動に加えて、我々が常に新たな1を生み出すことを意識し、率先して行動してまいります。
1年間、どうぞよろしくお願いします。

監査担当役員

監査担当役員 志々田 裕介
(所属:公益社団法人呉青年会議所)

監査担当役員

監査担当役員 新谷 章文
(所属:一般社団法人竹原青年会議所)

監査担当役員

監査担当役員 岩﨑 静穂
(所属:一般社団法人大竹青年会議所)

運営専務

運営専務 岡崎 好和
(所属:一般社団法人府中青年会議所)

事務局長

事務局長 芦田 玄
(所属:一般社団法人府中青年会議所)

財政局長

財政局長 伊吹 渉
(所属:一般社団法人府中青年会議所)

地域活性委員会 委員長

委員長 塩本 一平
(所属:一般社団法人庄原青年会議所)

【事業内容】
•広島ブロック大会in東広島
•地方創生による地域経済活性化につながる仕組み構築に向けた運動

2024年度広島ブロック協議会、地域活性委員会委員長の塩本一平です。庄原青年会議所より出向致します。
貝原会長のOneプラスのスローガンのもと、事業を通して、1人でも多くの人と繋がり、1つでも多くの価値を生み出し、広島県全体が1つになっていけるよう頑張ってまいります。
どうぞ、1年間よろしくお願い致します。

LOM交流委員会 委員長

委員長 乗越 雅也
(所属:一般社団法人東広島青年会議所)

【事業内容】
•広島ブロックゴルフ大会
•野球大会
•LOM交流事業

2024年度広島ブロック協議会、LOM交流委員会委員長の乗越雅也です。東広島青年会議所より出向致します。
貝原会長のOneプラスのスローガンのもと、交流事業を通してメンバー1人ひとりの意識向上と委員会メンバーが率先して楽しみならが取り組むことによりJCに対する意識改善と出向に対して前向きになってくれるメンバーが1人でも増えてくれればと思っております。
1年間よろしくお願い致します。

理念共感拡大委員会 委員長

委員長 渡邉 和寛
(所属:公益社団法人呉青年会議所)

【事業内容】
•拡大活動支援
•ブロックアカデミー
•拡大褒章

2024年度広島ブロック協議会、理念共感拡大委員会委員長の渡邉和寛です。呉青年会議所より出向いたします。
我々は会員拡大活動に対する各LOM(特に少数会員)の課題解決の支援やブロックアカデミーなどを通じ、メンバーが共通認識を持ち仲間を作り、積極的なJC活動を行っていけるようにしたいと考えています。貝原会長のOneプラスのスローガンの言葉通り広島12LOMの皆様とともに走っていきたいと考えております。1年間よろしくお願い致します。

総務広報委員会 委員長

委員長 清水 皇佑
(所属:一般社団法人府中青年会議所)

【事業内容】
•新春会議の開催
•要覧作成
•HPやSNSの運営管理
•JCカップU-11少年少女サッカー全国大会広島ブロック予選大会の運営

2024年度、広島ブロック協議会 総務広報委員会の委員長を務めさせていただきます、一般社団法人府中青年会議所から出向いたします清水と申します。
私たちの委員会では主に広島ブロック協議会内全12LOMの絆がより深めていけるような設えを展開していったり、各事業の様子をHPやSNSに挙げていく事でより多くの方に共感していただけるようなものを発信してまいります。
しっかり貝原会長が掲げるスローガンに則り1年間頑張ってまいりますのでよろしくお願いいたします。

公益社団法人 日本青年会議所

中国地区

広島ブロック協議会

〒726-0003
広島県府中市元町445-1 商工会議所会館2階
TEL : 0847-45-2648 / FAX : 0847-45-2984