【秋田ブロック協議会 大雨被害取り組みについて④】

 現在秋田ブロック協議会では大雨被害への対応として県内各地のへの情報発信を行っています。

これまでに確認されている情報としては、
・秋田市 ボランティア活動継続中。
支援要請件数9件程度。
・横手市 ボランティア活動を明日8月1日で終了予定。
・仙北市 ボランティア活動終了。今後被災家屋を市職員の方々が調査予定。
・大仙市 ボランティア活動継続中。支援要請件数84件程度。

秋田市、横手市はボランティア募集の対象を同市内としていますが、こちらにつきましても新しい情報が入りましたら随時更新して参ります。

秋田ブロック内LOM様のボランティア活動として、
7月27日 佐々木会長及び能代JC様メンバー、大仙市でボランティア活動実施。
8月3日秋田JC様ボランティア参加予定
8月6日大館JC様ボランティア参加予定
が実施、予定されています(この他に地元青年会議所の皆様が現地にて活動されています)。
また、岩手ブロック陸前高田JC高橋理事長、東北地区協議会石田会長からもボランティアにご参加頂きました。厚くお礼申し上げます。

 秋田県ホームページ上でも取り組みが発表されています。

http://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/27246

(7月22日からの大雨被害の早期復旧に向けた取組等)
その中で義援金募集開始の案内が出ています。

http://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/27315

(「秋田県大雨災害義援金」の募集について)
こちらにつきましても、広くJCメンバーの皆様、県民の皆様のご協力をお願い申し上げます。

被災地での支援活動も酷暑の中、熱中症等の対策が必要と思われます。
ご参加頂く皆様におかれましても、十分なご注意をお願いします。

今後も当協議会は被災地支援を続けて参ります。被災された各地域の一日も早い復旧と、被災された方々のご無事を心からお祈り致します。