山形ブロック協議会2017年度公式ホームページ

ブロック大会運営委員会

  • HOME »
  • ブロック大会運営委員会

副会長事業計画

山形ブロック協議会 副会長 近藤 英雄

 このやまがたには多くの人々を魅了する魅力が豊富に存在し、近年、過疎化や人口減少、地域産業の衰退に伴い経済や活力が低迷する中においても、地域資源を生かした活力あるまちづくりに取り組んでいます。地域の持続的発展が課題となる今、これまで先達が築き上げてきた価値ある伝統や文化と熱い志を胸に、故郷を深く愛し率先して行動する我々が県民と共に地域の未来を見据え、誰もが夢を描けるやまがたを創出する機会が必要です。
まずは、やまがたの地方創生に向けた運動を展開する決意と結束を図るために、山形ブロック大会やまのべ大会を開催し、地域経済発展の担い手としての当事者意識を醸成します。そして、やまがたに住み暮らす多くの人々と交流をもてる組織とするために、青年会議所の運動を認知してもらう機会を創出し、地域コミュニティの活性化を図ることで、相互に活性化する地域間連携を創ります。さらに、地域活性化と県民の意識変革を喚起するために、主管地域の魅力や特異性を発信するとともにやまがたの現状の課題や未来の姿を経済を通して考える機会を創出し、会員と県民の連帯感を高めることで、誰もが夢を描ける活力あるまちづくりへと繋げます。また、地域に必要とされる組織となるために、会員同士の絆を育む場を提供し、コミュニケーションの活性化を図ることで、自己成長と地域の未来を見据えた相互協力に溢れる青年会議所の成長へと繋げます。そして、山形ブロック大会を継続的に発展させていくために、時代に即した大会のあり方や効果的な運動の発信方法、手法等を検証し、大会運営の指標となる次代のブロック大会方針を改訂します。
故郷を愛し一期一会の覚悟を持って自らの運命に挑み続け行動した我々と意識変革を遂げた県民との間で深まる強い絆に加え、地域が持つ魅力と可能性や豊かな特色ある地域資源が地域発展の新たな原動力となり、笑顔が溢れ誰もが夢を描けるやまがたを実現します。

委員長事業計画

ブロック大会運営委員会 委員長 佐藤 芳和

 昨今、少子高齢化による人口減少や雇用問題に歯止めが効かず深刻な問題が浮彫りとなり、地域の産業が衰え、経済の活力が低迷している中においても、我々の故郷やまがたには、美しい自然や豊富な地域資源など多くの人々を笑顔にする魅力が溢れています。これまで、我々が半世紀に亘り培ってきた青年会議所運動を基に、県民先導の持続的なまちづくりを見据え、地域を巻き込んだ新たな地域価値を創造出来るやまがたの実現が必要です。
まずは、会員の青年会議所運動の意識を昂揚させるために、青年会議所運動最大の発信の場としてブロック大会を開催し、同じ理念・目的を持つ会員が一堂に集い事業を実施することで、我々の青年会議所運動に対する当事者意識の醸成をします。そして、地域発展に資する大会にするために、主管地域に根ざした文化を知るとともにその地域から魅力を広く伝播し、私たちが住まう地域の見直しや魅力の再発見に繋げることで、愛郷心と地域力の向上に繋げます。さらに、地域再興に率先して行動する意識を醸成するために、やまがたにおける地域経済の現状に対し関心を持ち、我々と県民が連帯意識を高めることで、地域活性化への意識変革を図ります。また、活力ある地域づくりを継続的に行うために、県内全ての地域から魅力を継続して発信し、やまがた全体が共通の想いと強い絆を結ぶことで、県民先導のまちづくりを創造します。そして、次世代に繋ぎ発展していく大会にするために、これまで先達から受け継がれてきた歴史と伝統のある大会で得た知識と成果の検証を行い、新たなまちづくりを創造することで、時代に即した大会の方針を検討します。
一期一会の覚悟を持って自らの運命に挑み続けて力強く運動を展開し続けた我々が、地域の魅力を再発見し意識の変革を遂げ強い絆を結んだ県民と、共に故郷を愛する県民先導の新たなまちづくりの担い手として、笑顔が溢れ誰もが夢を描けるやまがたを実現します。

<事業計画>

1.青年会議所運動に関する意識を昂揚させるブロック大会の企画・運営・実施

2.開催地をはじめとした県内の地域発展に資するブロック大会の運営

3.次世代に繋ぐ山形ブロック大会の方針の検討

4.その他

年間事業フレーム

ブロック大会運営委員会 事業フレームver10-001

PAGETOP