3月12日(日)は、公益社団法人豊橋青年会議所3月例会 ワカモンGO!~意思表示は未来の自分の創るはじめの一歩~ に行ってまいりました!

講師はsoftbankの孫正義 社長のプレゼン資料づくりを数多く担当したことがあるという前田鎌利さんの講演を豊橋の高校生の生徒と一般参加者と一緒に聞いてまいりました!

内容は、プレゼンテーションに関する講演をして頂きました!

前田鎌利さんは大学4年生の時に阪神淡路大震災が起こり、当時は全国に友達がいたということで、関西にも友達がいたのですが、携帯電話が普及されていない時代であったために震災以降連絡がまったくとれなくなってしまったので、少しでも情報が届けれたらなという想いで、最初に就職された会社が株式会社 光通信という会社に入社されました。

入社してすぐに携帯電話を売る飛び込み営業をされていたとのことで、分からないことだらけだったので必死に勉強をして携帯電話のスペックを覚えたのですが、どんなに覚えてもまったく結果に繋がらず、悩みながらもある会社に飛び込みに行ったところ、そこの社長さんが前田さんになぜ携帯電話を売っているの?という質問に前田さんは携帯電話の話をせず、大学での起きた出来事、会社に入った想いを伝えたところ、そこの社長さんが、じゃあ君は、携帯電話を売りに来たのではなく、うちの会社の社員たちの命や安全を守ってくれるために来てくれたんだねと言ってもらえて、携帯電話を買ってくれたとのことでした。

そこで気づいたことは、人に物を伝える、何かを買っていただける、何も流暢に話ができるとか、上手に商品の説明が出来ることが売れるのではなくて、ちゃんと自分のストーリーを語ることが大事ということを学んだそうです。それからは、営業が大変だなと思わなかったそうです。

そういった経験があり、プレゼンテーションをする上で大事なことは、自分のストーリーや想いを語れるような「念い(おもい)を伝えるツール」ということです。

そこでプレゼンテーションに大事な30個の心得を教えて頂きました!

とても分かりやすく、興味が湧くプレゼンテーションでした!記事では、その30の心得の内容を詳しくは伝えることができませんが、本日の講演で学んだ事を会社やJCに反映できるように!というか、反映させます!

あと、日中はとても温かいですが、朝と夜はまだ冷え込みますので風邪を引かないように皆さんも気を付けてくださいね!

 

 

ty01 ty02 ty03