3月31日 一般社団法人北名古屋青年会議所3月例会
「VSOP運動って何?~本業を通じた社会貢献による企業の発展について学ぼう~」が開催されました。

 

冒頭の理事長挨拶で、田島理事長から
「青年会議所は、まちの為に活動する団体であります。しかし、何か特別な事を行うだけがまちづくりではありません。このVSOP運動通じて、普段の生活の中で何かまちに貢献できることがあると思います。」と述べられました。

IMG_5949

 

そもそも「VSOP運動」ってなんなのでしょうか?
「VSOP」とはVolunteer Service Oneday Projectの略称で、本業を活用した社会貢献という意味です。
では、本業を活かした社会貢献とは何なのでしょうか。

IMG_5950

この例会では実際に本業を活かした社会貢献活動をされている(株)あいち補聴器センター代表取締役CEO天野慎介氏(一般社団法人岡崎青年会議所所属)をお招きし、天野氏がなぜこの活動に力を注がれているのかという話から、実際にムリなくどの様に活動をしたらよいのかという点を中心に講演されました。

IMG_5952

天野氏がこの活動をされる様になったきっかけは、耳が不自由だというだけで、様々な機会を損失している現状を知り、どの様にしたら健常者と隔たりが無く、偏見がない社会が作られるのかという思いから始まったそうです。

 

お客様の「あったらいいな」の声を形にしたのが始まりで、不自由を解決したいという思いから始まったと話がありました。
健常者にとっては当たり前に見ることができる邦画も、難聴者にとってみたら何も聞こえないただの映像でしかありません。
しかし、難聴者の人たちも邦画が楽しめる様に、日本語字幕の邦画の上映されている映画館の情報を集め、発信するだけでも支援になるということもVSOP運動ひとつになります。。
今では、岡崎市の休日診療を担当する耳鼻科医情報や、健聴者と難聴者が一緒に楽しむことが出来る音楽祭、岡崎市後援のもと、岡崎字幕映画祭の開催など、様々な活動をされています。

IMG_5953IMG_5955IMG_5956IMG_5957IMG_5958

実際に天野氏が行っている活動を講演いただいたあと、参加者がそれぞれ自分の仕事を活かしてどんな社会貢献が出来るのかをディスカッションしました。

 

ディスカッション後のグループ発表では、ほとんどの参加者の方が、「今すぐできること」「ムリなく続けてできること」「VSOPという言葉を知らなかっただけで、今行っていることがVSOP運動だった」など小さなことからでも本業を社会貢献に活かしていきたいという意見が多数ありました。

IMG_5959IMG_5962

この記事を読んで、みなさんも「ムリ」なく社会貢献が出来る事がきっとあると思います。
青年会議所はそんな運動を推進して参ります。明るい豊かな社会の実現のために。