中小企業の海外進出をお手伝いします!

少子高齢化に向かい、国内マーケットは縮小傾向、消費の低迷、労働力不足と言われている時代の中で、その問題を解決する一つの方法として、グローバル化、外国人労働者の受け入れをしていく施策が実施され始めています。
また、オリンピックに向けて外国人の旅行者数や、居住数が増える流れの中で、2020年のオリンピックが終了したアフターオリンピックに対して危機感を持つ日本人も非常に多い。その中で、中小企業は自国だけの市場だけではなく、世界での市場を視野に入れて経営を行っていかなければ、企業の存続が危うい時代に突入しようとしています。

shutterstock_234370600

そのような時代の中で日本の多くの中小企業の海外進出の一助となるために、我々、国際連携委員会としては各国大使館との連携を行えるように仕組みとマニュアルを提供いたします。