地域の個性が輝く自立した九州の創造

九州地区協議会 基本方針

 

九州地区協議会基本方針

地域の個性が輝く自立した九州の創造

九州地区担当常任理事 土岐 達也

 成長著しいアジアとの地理的優位性があり、雄大な自然や豊富な地域資源を有する九州では、人口減少や高齢化といった課題がありつつも、再び注目を集める農林水産業や集積が進む製造業、急激に伸びるインバウンド効果の広い波及に期待が寄せられています。俯瞰的な視点で課題を解決する能力と世界にネットワークをもつ我々は、故郷を愛する当事者意識をもった市民とともに、地域の個性が輝く自立した九州を創造する必要があります。

 まずは、各地の人財が自らの手で地域再興を果たすために、九州版New Jayceeを制作し、人財育成プログラムを推進することで、広い視野をもち地域を先導するリーダーを育成します。そして、新たな地域間連携による地方創生を促すために、経済の大動脈である循環型交通網整備のための輿論喚起を行ない、ミッシングリンク解消の実現を早めます。さらに、九州経済の底上げを図るために、多様な働き方を実現するための理解を企業に浸透させ、柔軟な就業環境を整えることで、潜在的な働き手の労働参加を促します。また、災害弱者の防災政策を充実するために、災害時要援護者のための防災政策を研究し、政策の提案と導入のための働きかけを行なうことで、インクルーシブな地域防災体制を構築します。そして、アジアとの絆をより強固なものとするために、JCI ASPAC鹿児島大会に78LOMとともに積極的に参加参画し、国境を越えた友情を育みます。さらに、各地の運動をより力強く推進するために、第67回全国大会宮崎大会に多くの会員で参画し、JCのもつ可能性への理解を深めることで、会員の運動への意欲を高めます。

 志と覚悟をもって持続可能な地域社会の構築に向けて挑戦し続けてきた我々が、自らの地域を愛し社会参画意識を高めた行動する市民とともに、各地で輝く人と地域の多様な個性が生み出す力が発揮され自立した九州を実現し、愛と希望溢れる国 日本を創造します。

<事業計画>

  1. 国際的な視野をもつ人財の育成による九州経済の活性化
  2. 地域を先導するリーダーの育成
  3. 九州版New Jayceeの制作
  4. 循環型交通網確立に向けた運動の推進
  5. 人口減少社会における多様な働き方の推進
  6. インクルーシブ防災の推進
  7. JCI ASPAC鹿児島大会の支援
  8. 第67回全国大会宮崎大会の支援
  9. 九州コンファレンス2018の開催
  10. 【地区推】地域ブランドのプラットフォームづくりの推進
  11. 【地区推】JCカップ U-11少年少女サッカー全国大会の予選大会の実施
PAGETOP