2020年1月29日(水)
蓮田市の「魚庄 別館」にて
一般社団法人蓮田青年会議所2020年度1月新年例会が開催されました。

 第36代理事長の清水政幸君の挨拶から始まり、スローガンである
『未来永劫〜古きに学び、新しきにつく』に込められた想いを話されました。

【なぜ未来永劫か】
 昨年度、蓮田青年会議所は3名という人数でスタートし、LOM自体の存続の危機にありました。今年は9名のスタート。この危機を乗り越えたからこそ見えた今までの歴史を途絶えさせてはいけないという想い。未来永劫続けていくという強い意識表示です。

【古きに学び、新しきにつくとは】
 存続の危機を乗り越え生まれ変わった蓮田青年会議所。しかし、諸先輩方などが築いてきた歴史や伝統が薄れてしまいました。改めて過去を学び、今の時代に合わせた新しいスタイルを確立してメンバーも組織も進化するというメッセージです。

77
 とても力強いメッセージでした。メンバーの半数以上が入会1年程とまだまだ経験の浅いメンバーが多い中、そして、人数の少ない中でも地元での存在感を出していくという熱い想いが伝わってきました。そして、その熱い想いを全員が持ち、会員拡大も全力で取り組んでいくという宣言もされていました。

 女性メンバーも活躍も活躍されているのが蓮田青年会議所です。女性メンバー達も、とても楽しそうにそして颯爽と動き回っているのが印象的でした。

2020年度蓮田青年会議所の全ての運動・活動が大成功することを
心より祈念申し上げます。