新年のご挨拶

 新年明けましておめでとうございます。皆様におかれましてはお健やかに新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。昨年は、公益社団法人日本青年会議所近畿地区大阪ブロック協議会に多大なるご支援、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

 2019年度を振り返りますと、ラグビーワールドカップやG20サミット大阪開催をはじめ、日本の大阪に世界中から注目が集まり、2025年の大阪万博の開催をひかえ、国際的な知名度が上がる実りある年となり、大阪ブロック協議会といたしましても、挑戦することを忘れず、1年間を通して多くの事業構築そして運動発信を行うことができ、持続可能な誰一人取り残すことのない大阪に向かい進みだすことができましたことを皆様に感謝と御礼申し上げます。

 2020年度大阪ブロック協議会では、「万緑一笑~笑顔溢れる生きがいに満ちた大阪の創造~」をスローガンに掲げ、日本の青年会議所の中で最も大きな協議会であることを再認識し、世界で注目されているこの大阪から持続可能な社会をけん引する革新的な機会、運動を発信し、青年会議所に所属する会員そして一般市民の皆様が笑顔に溢れ、生きがいを感じることができる2020年度となるよう挑戦し続けてまいります。

 事業の三本柱として、柔軟で開放的な組織改革を行う事業を実施し、前年度、日本で一番の推進団体となることを目標にSDGs推進宣言に基づき運動を進めてきたSDGsの推進を更に加速させ、会員拡大に必要である会員の能力開発を行い誰一人取り残さない拡大支援を行ってまいりたいと考えております。
 本年度は、理念の一つとして笑顔を絶やさないことを掲げています。笑顔の効果の一つに笑顔が伝播していき他者を幸福に導くことができるとあります。まずは、我々が笑顔であることで大阪のみならず日本を元気に導くことができる起点となるよう生きがいに満ちた持続可能な大阪を創造する一歩を踏み出してまいりたいと考えております。

 結びに、新たな一年の始まりに皆様のご期待に添えますよう、より一層に寄り添った運営と運動発信を行ってまいりたいと考えておりますので、 変わらぬご支援とご協力を賜りたく、 本年も大阪ブロック協議会をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

公益社団法人 日本青年会議所
近畿地区 大阪ブロック協議会
第56代会長 北川 雅史