5月26日(水)、石川ブロック協議会の役員会議と会員会議所会議が開催されました。
今回は新型コロナウイルスに関する石川緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の指定などを受けて
オンライン上での開催となりました。

議案についてもこの1カ月でコロナを理由に変更を呼び無くされた事業の修正議案が多数上程されました。
今年度は酒井ブロック会長からも「コロナの状況に応じた柔軟な運営を」という方針が出されており、
今後も感染状況等を鑑みて対応していければと思っております。

協議事項については、「SDGsデジタルスタンプラリー」の事業について再度協議の上、内容を精査しました。
会員会議所では初上程となる「Z世代の有権者への主権者教育事業」などについても協議され、
オンライン上ではありましたが、活発な議論が繰り広げられました。

6月はいよいよ「いしかわコンファレンス」の開催も予定されております。
新型コロナウイルス感染症に配慮した大会運営を目指して準備を進めていきます!

以上

2021-05-01