地域の光を見出そう! 持続可能な石川のために

会長所信

  • HOME »
  • 会長所信

2021年度基本理念スローガン

地域の光を見出そう!
持続可能な石川のために

 

石川ブロック協議会は各地域の青年会議所が各々の活動の中で、成果の最大化を図るために積極的に取り組むことができ るように、情報共有や各種調整を行い、各種支援を行っていくといった支援を直接的に行う立場です。ブロック協議会として石川県内各青年会議所とJCI日本、そして各種団体同士をつなげる役目として有機的に機能することにより、地域を超えた持続可能な開発目標を達成することを目指します。

今後の訪日外国人旅行者6,000万人時代を見据えると、石川県の観光地において、より幅広い国や地域から 来訪する観光客を受け入れる基盤を速やかに整備していくことが必要です。さらには、新型コロナウイルス感染 症の影響により、従来の生活様式から変化が急速に進んでおり、これからは、国内外の観光客が安心して観光を楽しむことができるよう地域が一体となって新たな生活様式に沿った旅行スタイルに対応する着地整備を行っていくことが重要です。こうした観点を踏まえ、地方公共団体、観光地域づくり法人(DMO)等と連携し、観光資源をより安全で集客力の高いものへと磨き上げ、これらの実証事業を行うことを通じて、 石川における誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成に向けた取り組みの方向性の調査・検証を行います。

奥能登のような製造業が少なくインフラも整っていない地域では新たな生活様式を取り入れた滞在型観光が主幹産業として持続可能な地域社会を形成します。それにより、本来的意義である地域住民が自ら住むまちのことを考え行動に 移すといった能動的市民を育み、自立自活した地域が醸成されます。そして、この運動を進めるにあたり、先導的役割を果たす各LOMの組織的基盤が強固なものとなり、あらゆる運動を強く押し進める推進エンジンとしてさらに地域社会の形成に寄与します。

2021年度石川ブロック協議会では『地域の光を見出そう! 持続可能な石川のために』をスローガンに1年間邁進してまいります。

公益社団法人日本青年会議所北陸信越地区石川ブロック協議会

2021年度会長 酒井 光博

 

 

PAGETOP
Copyright © 石川ブロック協議会 All Rights Reserved.