うどんだけじゃない!香川県内6つの青年会議所(JC)の香川ブロック協議会公式ホームページです!

安心な社会創造委員会

  • HOME »
  • 安心な社会創造委員会

安心な社会創造委員会 事業サマリー

副会長 西應 俊介

委員長 三村 和照

 

【現状分析】

香川県の直近の投票率は若年層の投票率の低さも影響し、衆参議院ともに50%台前半と全国平均よりも低い値です。社会を改善するためにより多くの有権者が政治に関心を抱き今後の日本の課題である社会保障費の増加に伴う財政問題について考え、持続可能な社会保障制度の重要性を理解して実現する意識を高める必要があります


【活動概要】

地域に則した社会保障制度と地域のあり方を考える事業の企画・実施 【SDGs10】

2019年度の参議院議員通常選挙に合わせて公開討論会を実施し、社会保障制度について有権者の方々に 考えてもらう場を作り持続可能な社会保障制度について考える。政治家と議論を交えることで有権者の政治に関する意識を高める。


【KPI】

2019年度の参議院議員通常選挙で投票率60%を目指し、有権者の政治に対する意識を高めます。


【IMPACT】 (影響力)

社会保障制度の重要性を理解し今後の課題に向き合う人にし社会を改善します。


【MOTIVATE 】(意欲)

社会保障費の増加に意識を深め現在の問題に向き合い将来世代へ負担の先送りをしない社会にします。


【INVEST】 (投資)

県民の意識変革を促す機会に投資し社会参画意識を促し社会保障費の在り方を真剣に考えます。


【COLLABORATE 】(協力)

香川県選挙管理委員会、各種団体等と協力し運動の推進をはかり事業を行います。


【CONNECT 】(つながり)

討論会を通じて有権者が政治に対して関心を抱き持続可能な社会保障制度の実現につなげます。


【政策手法 】(ゴールデンサークル)

Why(理由):社会保障制度に対する意識を高め、社会保障費の増加に伴う財政問題を改善するため。 How(手法):参議院議員通常選挙に合わせて公開討論会を実施することで社会保障制度の現状を理解する。 What(行動):投票率が低い18〜30歳の有権者約210000人の意識改革を促します。


【パートナー】

香川県選挙管理委員会、各種地域団体


 


【現状分析】

2030年までの目標として国際連合で採択されたSDGsですが世間にはまだまだ認識されていないのが現状です。我々、青年会議所会員はSDGsに関しての意識は比較的ありますが、さらに知識を広げSDGs達 成に率先して行動できるリーダーになりより良い社会に改善するために活動する必要があります。


【活動概要 】

6LOM合同例会事業の計画・実施 【SDGs全項目】

2019年度の日本青年会議所が推進するSDGsを2月という早い時期に香川ブロック協議会6LOMが集う6LOM合同例会の場で共有し、さらに知識を深めることで年間を通じてSDGsへの意識を高めることで香川 ブロック協議会全体の方向性を揃え、青年会議所が持続可能な社会を築き香川県をより良い街にします。


【KPI】 

会員数の3分の2以上の出席を目指します。会員数248名の3分の2→165名となります。


【IMPACT】 (影響力)

SDGsについて知識を広げ社会改善のために率先して行動できる人にします。


【MOTIVATE 】(意欲)

SDGsの重要性を認識し達成することで持続可能な社会にします。


【INVEST 】(投資)

6LOM合同例会事業を通じてSDGs達成に青年会議所会員がリーダーになれる機会に投資します。


【COLLABORATE】 (協力)

日本青年会議所SDGs推進委員会と協力します。


【CONNECT】 (つながり)

SDGsの知識を広げることでリーダーとして行動することで地域とのつながりを深めます。


【政策手法】 (ゴールデンサークル)

Why(理由):世界の現状を理解すると社会を改善するために必要であるSDGsを地域に広め達成できる社 会にするため。 How(手法):6LOM合同例会事業を通じてでSDGsについての知識を深めます。 What(行動):青年会議所会員としてSDGsを意識し、リーダーとして行動できる人にします。


【パートナー】

香川ブロック各LOM・日本青年会議所SDGs推進会議


 

 


【現状分析】

近年の多種多様の災害でも比較的被害の少ない香川県ですが今後の有事に備え防災危機管理意識を強くもつ必要があります。すでに存在しているハザードマップを理解すること、身近な防災活動に始まり災害に直面した時に必要な知識や正しい行動などわかっているようですが緊急時に対応できるためにも改めて理解する必要があります。


【活動概要】

防災ネットワーク&アクション事業の計画・実施 【SDGs13-01】

香川県が被災した時に自治体や企業だけでなく個人がとるべき行動、災害支援ネットワーク、組織図、支援 物資輸送経路など知っておくべきことですが普及していない有効な情報を整理し地域に広め災害に備えま す。さらに災害発生時の危機管理意識を強く持てる事業を行います。


【KPI】

事業後にアンケートを実施し回収率9割以上、事業が今後に役立つと回答する人が8割以上を目指します。 そして有事の際には社会福祉協議会と連携できる体制を築きます。


【IMPACT 】(影響力)

防災意識を持てる事業を開催し、地域に防災に関する青年会議所活動を広めるとともに災害に備えた社会にします。


【MOTIVATE】 (意欲)

防災支援ネットワークやハザードマップを改めて理解して防災意識を持った人にします。


【INVEST 】(投資)

有事に備え危機管理意識を強く持てる機会に、そして災害時の被害を抑えるための事業に投資します。


【COLLABORATE】 (協力)

各自治体・各企業・社会福祉協議会


【CONNECT 】(つながり)

現在、青年会議所と社協とのつながりをさらに強めるとともに防災事業をもとに各自治体、各企業とのつながりを深めます。


【政策手法 】(ゴールデンサークル)

Why(理由):来たる有事に備えて防災危機管理意識を強めるため。 How(手法):防災支援ネットワーク、ハザードマップを再認識し防災意識を強めます。 What(行動):社会協議会や各自治体、各企業と協力して有事に備えた事業を実施します。


【パートナー 】

社会福祉協議会・各自治体

 

 

 

PAGETOP
Copyright © 香川ブロック協議会 All Rights Reserved.