事業名称

新型コロナウイルスに負けるな!学生の皆さん志を忘れるな!故郷佐世保から応援しています!プロジェクト!

申請LOM

一般社団法人 佐世保青年会議所

事業に至る背景

新型コロナウイルスの影響により、国内においても様々な影響が深刻化しています。特に経済活動が停滞することによって、学生のアルバイトも減少し学業の継続が困難となっていることから、学生を対象とした支援活動を実施する必要があります。

事業の目的

(対外事業目的)新型コロナウイルス感染拡大防止のため外出自粛や緊急事態宣言による営業自粛等に伴うアルバイト等による収入が激減する等の影響により、生活環境が厳しい状況にある学生の食事支援を行うことで、学業を継続していただくことを目的とします。
(対内事業目的)新型コロナウイルスの影響を把握し、支援活動を実施することで、会員としての自覚を高め、今後の活動と運動につなげることを目的とします。

事業概要

佐世保青年会議所が実施する≪新型コロナウイルス支援第2段≫として、「新型コロナウイルスに負けるな!学生の皆さん志を忘れるな!故郷佐世保から応援しています!プロジェクト!」を実施。
支援対象は、県外の大学等で就学を行う佐世保市内出身の学生(食事の提供がある寮生・下宿生は除く)です。
目的は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため外出自粛や緊急事態宣言による営業自粛等に伴うアルバイト等による収入が激減する等の影響により、生活環境が厳しい状況にある学生の食事支援を行い近い将来、佐世保市をはじめ全国、世界の担い手として活躍する学生の皆さんをふるさと佐世保から応援することで、困難にも負けず、しっかりと頑張っていただきたいと思い本事業を企画いたしました。

結果・影響(LOM、社会)

各地域におけるコロナ支援が進む中、我々青年会議所も各地で様々な支援事業を展開していました。これらの事業を見ている中で地域の方がたの支援が中心になっていることに気づき、移動規制(学生においては県外から地元への帰省ができない)など様々な要因により各地で困っている方がいるという現状を知りました。この方々(学生)を行政よりも早く率先して支援することで学業を継続していただきたい、また故郷佐世保も応援しているとメッセージを伝えたいと考え実行に移しました。結果として様々な要因により学業継続を諦めかけていた学生や寂しい思いをしている子らに勇気をあたえられたものと感じています。数多くのお手紙を学生よりいただき地元にて支援する我々佐世保青年会議所にとっても誇らしい事業となりました。また、各種新聞にも取り上げられ多くの反響があったことから継続しての第二弾事業も実施し、こちらも大変多くの反響がありました。

協力団体

佐世保市
公益財団法人佐世保コンベンション協会

事業風景新型コロナウイルスに負けるな!学生の皆さん志を忘れるな!故郷佐世保から応援しています!プロジェクト!-1