変わらぬ想いを未来へつなぐ ~軌跡を紡ぎ、奇跡を起こそう~

新着情報

若年層主権者教育事業「未来を選ぶ権を他人に握らせるな!!~選挙へ行こう、シティズンシップ推進ワークショップ~」

  公益社団法人日本青年会議所東北地区秋田ブロック協議会は、10月18日に秋田市にぎわい交流館AU「 …

12874226953734

スポーツで見だす、今からやるべきこと~地域で活躍する人材になるために~

次代を担う青少年育成委員会 事業 スポーツで見出す、今からやるべきこと~地域で活躍する人財になるために~ &n …

新型コロナウイルスによる日本の安全保障に関する意識向上事業

  新型コロナウイルスによる日本の安全保障に関する意識向上事業 「新型コロナウイルスと私たちの暮らし~意外と身 …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

若年層主権者教育事業「未来を選ぶ権を他人に握らせるな!!~選挙へ行こう、シティズンシップ推進ワークショップ~」

 

公益社団法人日本青年会議所東北地区秋田ブロック協議会は、10月18日に秋田市にぎわい交流館AU「展示ホール」にて、若年層の主権者教育推進事業「未来を選ぶ権を他人に握らせるな!!~選挙へ行こう、シティズンシップ推進ワークショップ~」を開催しました。

本事業は、10代~30代の若年層の投票率が、いずれの選挙においても他の年代に比べて低く、かつその差が拡大してきている状況を鑑み、若者が主体的に未来を選択する社会の実現に向け、主権者教育(シティズンシップ教育)を推進する必要があると考え、若年層の政治参加に対する理解を深め、自らの意思で未来を選択する当事者意識を醸成することを目的に開催しました。

開催にあたり、新型コロナウイルス感染予防策を徹底し、秋田県議会議員鈴木健太様、秋田県議会議員佐々木雄太様、一般社団法人あきた地球環境会議理事兼事務局長福岡真理子様をファシリテーターにお招きし、秋田県在住の高校生6名、専門学校生1名、大学生1名、20代~30代の社会人9名の方々にご参加いただき、簡単な導入講義のあと、若者の社会参画並びに政治参加の意義や考え、政策選択の重要性や選挙に行く意味などについてワークショップ形式により、自由にお話していただきました。ファシリテーターによる進行のもと、リラックスした雰囲気で活発な話し合いが行われました。

 

3

ワークショップ後の全体セッションでは、各グループの代表者による発表が行われ、様々な視点からによる考えを共有することができました。その後、ファシリテーターよりまとめのご意見をいただき、ワークショップを通じて、秋田の未来を担う若者たちの熱い想いと気概を感じ、とても心強い、秋田の未来は明るいとのお言葉をいただきました。1

 

2

また、参加者の方々からも、10代~30代の職業や所属、立場が異なる人達との話し合いが、とても刺激になった、勉強になった、まだまだ話し足りないのでまた開催して欲しいといったご意見をいただき、アンケートの結果からも、本事業により、政治に関する関心や政策選択の重要性に対する理解が深まり、投票への意欲が生まれ、政治的有効性感覚(市民自身が政治的事柄を理解でき、かつ自らの行動が政治的指導者と政策に影響を与えることができるという個人の信念)が芽生えたことで、若者の当事者意識並びに主権者としての責任を醸成することができたと考えます。

本事業の実施にあたり、ご協力いただきました多くの皆様に対し、心から御礼申し上げます.

 

アンケート結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © 秋田ブロック協議会 All Rights Reserved.