輝く個が切り拓く 次代の魅力あふれる秋田の創造

会長意見書

  • HOME »
  • 会長意見書

公益社団法人日本青年会議所

東北地区 秋田ブロック協議会

2021年度 会長意見書

秋田ブロック協議会 2021年度 会長 高橋隆太

新たな時代の幕開け、現在私たちは、前例のない状況に直面しています。新型コロナウイルス感染症を起因とするパンデミック、各地で多発する自然災害、私たちの家族、ビジネスそしてコミュニティすべてに影響を及ぼしています。過去の歴史を振り返れば、大きな変革の時は、必ず大きな要因、きっかけが存在します。まさに、世界は今までの価値観、常識、慣習までも変える大きな変革点にあります。私たちは地域をつなぐリーダーとなり、前向きに活動を推し進め、あらゆるカウンターパートと連携し、新たな価値を広め伝えていくことにより、組織の価値がますます向上し、多くの地域の人々に共感を生みます。これまで青年会議所が築き上げてきた目的、存在意義、価値観など不変のもの、そしてその時代に即して変化させ、より良くしていくものを互いに理解し、勇気をもって時代に即した変革が必要不可欠です。

【質的価値の創造】

秋田県は全国に先駆け、人口減少、少子高齢化が着実に進行し、財政にも課題を抱え、慢性的なデフレが続いています。加えて、新型コロナウイルス感染症の影響により、力強い経済成長が実現できず、地域社会が疲弊するという悪循環に陥っています。これからは、過去の量的発展の成功モデルから脱却し、本質的な目的に正対し、質的な指標を掲げて、多種多様なイノベーションを生み出す土壌を造るべきです。質の高い地域の集合体である魅力あふれる秋田を目指していくためにも、自ら積極的に輝こうとする、主体性を持った地域を創り出していく必要があります。

【ユニバーサル人財地域連携】

秋田県はこれまで国際社会で活躍できる優秀な人財の育成に取り組んでおります。しかし、若者の県外転出に歯止めがかからず、外国人人口比率も非常に低い状況です。このような状況を脱却するためには、その一因になっている国際経験の弱さを克服し、国際感覚を身に着け、柔軟に他言語、他文化に対応できる人財と地域が密接に連携して行くことが必要です。また、国際交流が身近な存在になることにより、地域の歴史や文化に自信を持ち、郷土愛が育まれます。外からの目線で地域を見つめなおすことも、自立し輝く地域を作り出すために必要です。

【ブロック大会の開催】

2021年で51回目を迎える秋田ブロック大会は、秋田におけるJC運動誕生の地である能代市にて一般社団法人能代青年会議所を主管LOMとして開催されます。当初はブロック内の会員交流という趣旨から始まり、秋田ブロック会員大会として開催されていましたが、開催地の市民の皆様や県民の皆様へも広く、秋田ブロック協議会としての運動を発信し、公益的な大会となることを目指し秋田ブロック大会へと名称を変え続けてまいりました。本年はニューノーマルの様々な状況下においても最大限の発信をすべくデジタルツールを活用し、当初からの目的であった会員交流とブロック大会の運動発信の場として両輪で、主管LOMメンバーをはじめとするブロック協議会内すべてのメンバーの成長と参加いただいた皆様の発展へとつなげてまいりましょう。

【青少年の育成】

秋田県は全国トップクラスの学力が長年維持されているものの、人口減少に歯止めがかからない状況です。将来に向け、青少年の学力以外の力も高め、挑戦を促していく必要があります。体力だけでなく、他を尊ぶ心、多くの人に感謝する心、郷土愛などを合わせて育成できる、実践的な教育の機会が必要です。そのために、スポーツを通じ勝利へ向けた過程を重視し、そこから生まれる人格形成こそがスポーツ教育の神髄であります。勝利を目指し、努力をする中で培われる他を慮る心、グッドルーザーの精神を育んでまいります。

【人財の育成】

かつてはJCしかないと言われた時代から、今はJCもある時代とよく耳にします。実践を通じ、まちづくり、組織のリーダー、そして家族を守るアクティブシチズンを育成すべく、唯一無二の学びと気付きのリカレント教育の場となるようJCとしての基礎を学んだうえ、積極的に挑戦を促すカリキュラムを用意し、次代に即した学びの場を提供いたします。さらに、今後の会員候補となる世代を事業に巻き込む仕組みを構築することで、人財育成と会員拡大の両輪が回るようにいたします。

【会員の拡大】

近年、多くのLOMが会員の減少に悩み、運営に苦労しています。若者や女性活躍社会の実現を謳いながら、メンバーの平均在籍年数も増えず、女性メンバーが極端に少ない現状について、根本的な原因分析を行い、数値目標だけでなく質的な環境整備を行う必要があります。事業の魅力、人財の魅力が相まって会員拡大が果たせます。コロナ禍においても会員拡大や組織改革を推し進め、成功させている各地会員会議所も少なくありません。ピンチをチャンスとして捉え、前向きに活動を推し進めていくことで、様々なアイデアが浮かび、事例を共有しブラッシュアップを重ねることで組織をさらに前進させることができるのです。また、パートナーシップを持つ団体との連携を、個人間のつながりにとどめることなく、組織の資産として蓄積することで会員拡大に活かす仕組みを構築し各LOMの会員拡大につなげてまいります。

【終わりに】

ブロック協議会最大のミッションの1つにつなぐことがあります。それは、JCI、JCI日本、地区協議会と県内9LOMをつなぐ、あらゆるカウンターパートとつなぐ、事業に参加いただいた県民の皆様とつなぐ、そしてブロック内のメンバー同士がつながります。会員数が減少傾向にありLOMの運営も厳しい状況にあると思いますが、ブロック協議会として各LOMに寄り添い全面的に支援するとともにスマートな組織改革を推進し、勇気をもって時代に即した変革を推し進めましょう。各LOMそれぞれが個々に輝き、そしてブロックとして一つの大きな輝きとなるよう強い精神で進んでいくことで次代の魅力あふれる秋田を築き上げましょう。

PAGETOP