神奈川はひとつ!

事務局

基本方針

事務局 局長 安藤 慶
(公益社団法人平塚青年会議所)

現在に至るまでの青年会議所の力強い運動は、戦後間もない頃より先達の弛まない努力 で強靭な組織の基盤が構築され、受け継がれてきたからこそであります。毎年受け継がれ るこのバトンを、継承されてきた基盤だけではなく、社会情勢や環境の変化の中で発展さ せていくことで、時代に即した組織へと歩みを続けることができます。事務局は神奈川ブ ロック協議会が地域で持続可能な活動をするため、強靭な組織運営を行う責務があります。 まずは、神奈川ブロック協議会の根幹である各種会議において、オンラインも活用した 会議の運営を行います。そして、予定者の段階ではスタッフセミナーを開催し、神奈川ブ ロック協議会で培われた経験や仕組みを共有し、各会議・局・委員会における役割の意識 醸成や運営面での共通認識を統一することで、本年度が始まる前から活動に邁進できるよ うに致します。また、京都会議ブロックナイトの設営においては、日本青年会議所本会へ 出向されている県内青年会議所メンバーの支援と、県内青年会議所から参加されたメンバ ーと交流の機会を創り、2022年度の青年会議所活動を高い意欲のもとスタートして頂 く機会と致します。そして、第1回全体会議では、神奈川ブロック協議会の方針を、神奈 川が一丸となる機会を最大限に利用して、参加者が同じベクトルのもと歩みを進める第一 歩を踏み出す場となります。さらに、世界会議をはじめとする各種大会においては、この チャンスを活かして頂くべく、魅力を発信して登録の支援を行って参ります。そして、第 2回全体会議では、1年間の集大成として本年の運動を次年度へ繋いでいく場と致します。 受け継がれる伝統の中においても、時代に即した組織運営を実行し未来に繋げることで、 神奈川ブロック協議会が強靭な組織へと成長し、県内青年会議所の活動においても、新た な活躍の機会を得ることによって、21の個性を活かした神奈川の未来を描き出します。

事業計画

1:神奈川ブロック協議会会員会議所会議及び諸会議の設営(通年)
2:神奈川ブロック協議会スタッフセミナーの開催(21年11月)
3:京都会議ブロックナイトの開催(1月)
4:神奈川ブロック協議会全体会議の設営(2月・11月)
5:関東地区大会登録支援(通年)
6:サマーコンファレンス2022登録支援(通年)
7:JCI ASPAC堺高石大会への登録支援(通年)
8:JCI World Congressへの参加登録支援(通年)

PAGETOP
Copyright © 神奈川ブロック協議会 All Rights Reserved.