新年あけましておめでとうございます。

2022年度公益社団法人日本青年会議所九州地区長崎ブロック協議会、第48代会長を預かります吉川航平と申します。

昨年度も引き続き、新型コロナウイルス感染症により日本、また世界中が影響を受け、様々な事象の停滞や分断が余儀なくされました。長崎ブロック協議会の活動においても、活動の自粛や計画の変更を迫られる事態となり、私たちの最大の運動の発信の場である長崎コンファレンス2021大会はWEB開催という形式となりました。本年も引き続き、ウィズコロナ・アフターコロナと向き合いながら、従来の手法に囚われない、多種多様な手法や柔軟な協議会運営を用いて運動を展開していく必要があります。

本年度、私たち長崎ブロック協議会は多様な人財の誰もが活躍し、活力にあふれた力強い長崎県の実現するため、長崎県内各地の青年会議所がそれぞれの地域でさらに必要とされる組織へと進化し、それぞれの地域をさらに輝かせ、各地域が輝くことで長崎県全体を輝かせることを目指して活動に取り組んで参ります。

そのために、地域と組織におけるダイバーシティ&インクルージョンのさらなる推進、災害プラットフォームとしての関係諸団体との連携のさらなる強化、青年会議所の理念の共感を拡大させることによる組織改革と意識改革の推進、青年会議所と地域団体との連携と協働、また、各LOMへの会員拡大の支援、そして長崎コンファレンス2022大会の開催等を実施して参ります。

今後も先が見えにくい難しい状況が続くと思われますが、このような時だからこそ、未来へのビジョンを示すとともに、若い私たちだからこそできる運動を長崎ブロック協議会全員で展開して参りたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

長崎県内の地域の皆様、また県内7LOMの理事長の皆様をはじめとする会員の皆様の益々のご隆盛を心より御祈念申し上げるとともに、長崎ブロック協議会へのより一層のご支援ご理解を賜りますようお願い申し上げまして、私からの新年のご挨拶とさせていただきます。

共に地域によりよい変化をもたらし、愛が溢れる長崎を実現しましょう。

一年間どうぞよろしくお願いいたします。

 

2022年度 長崎ブロック協議会 会長 吉川航平