1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

2312271629
2312271626
2312271629

公益社団法人 日本青年会議所

東海地区

岐阜ブロック協議会

岐阜ブロック協議会の様々な取り組み

01_全体集合写真
01_集合写真
01_集合写真
04_さくら川床_お食事の様子
台湾東部地震について
01_2024年度会頭公式訪問
活動方針理解共有のためのPR動画
01_岐阜会議_会長挨拶
01_全体集合写真
01_集合写真
01_集合写真
04_さくら川床_お食事の様子
台湾東部地震について
01_2024年度会頭公式訪問
01_全体集合写真
01_集合写真
01_集合写真
04_さくら川床_お食事の様子
1 2 3

岐阜ブロック協議会について

公益社団法人日本青年会議所

岐阜ブロック協議会

2024年度 会長

春山 大樹 君

(公益社団法人大垣青年会議所 )

岐阜ブロック協議会の未来

『17の和の心と笑顔が織り成す 雲外蒼天の岐阜の未来へ』

一人ひとりの知恵を集め、尊重し、助け合う、思いやりのある和の心をもってひとづくりへの理解を深め、各々が地域から必要とされる人財を育成し、地域経済活性化につながるまちづくりを行うことで、日本や世界から必要とされる岐阜県を目指します。

岐阜ブロック協議会の役割

日本JCの運動を各LOMに適切に伝えることができるように東海地区協議会と連携し連絡調整を行い、各LOMが抱える課題を共有し必要な支援を行うために岐阜県全体での連携が必要です。ブロック協議会が各LOMとの連携を密に行うことで運動を活性化し、各事業から最大の効果が得られるように協働することでLOM間のパートナーシップの確立を得ます。

岐阜ブロック連携事業
  1. 地方創生による地域経済活性化につながる仕組み構築に向けた運動
    地方創生による地域経済活性化につながる仕組み構築に向けた運動を東海地区協議会、各LOMとの連携を図り、推進することで地域に必要とされる組織を目指します。
  2. 理念共感拡大グランドデザインの情報収集・活用・推進
    理念教育システムの再構築、行動化のための良質な情報の共有、多様性のある組織の確立の3つの重点目標を掲げ、各LOMが同等の情報共有、密な連携を図り、理念が具体的な運動として展開されることで地域をより良くする変化が各地で実感されはじめ、JC運動に共感が集まります。2024年は浸透率90%達成を目指します。
  3. ブロックアカデミーにおけるJAYCEE育成カリキュラムの運用支援
    在籍年数が短く、経験年数の浅いメンバーが増加している中で、各LOMのメンバ-が外発的ではなく、内発的にJC活動や運動に取り組むことができる人財を育成します。
  4. 他者を思いやるJCカップU-11少年少女サッカーブロック予選大会の企画・実施
    JCカップU-11少年少女サッカー岐阜ブロック大会を開催し、東海地区大会へ出場する代表チームを選出するとともに、子供たちの健全な心身の成長を促し、参加者にスポーツを通して他者を思いやる心とあくなき挑戦心を育んでいただきます。
岐阜ブロック協議会独自の事業
  1. 活動方針の理解共有のための事業の実施
    今後も持続可能な組織として活動や運動を行うためには、岐阜ブロック協議会の基本方針や組織、全事業内容を県内の全LOMメンバーと理解、共有する必要があります。岐阜ブロック協議会の運動発信や連携事業についての明確なイメージをもっていただくことでパートナーシップを得ることができる。
  2. 岐阜ブロック協議会内の防災・疾病ネットワークの構築
    近年の異常気象によって岐阜県内でも大きな災害が発生していることから災害に対する備えが必要です。岐阜県内の防災・疾病ネットワークの体制を強化するとともに、各LOM及び関係諸団体との連携を図ることで、災害等が発生した際に迅速な支援につなげることができる。
  3. 第65回岐阜ブロック大会2024の実施
    日本や世界から必要とされる岐阜県を目指すためには、各LOMのメンバーが岐阜県の魅力を再認識し、当事者意識をもって運動することが必要です。岐阜県の魅力を集めて広域的に発信することでメンバーだけではなく地域住民と共に岐阜県の魅力を発信できるようになるための大会を実施します。
ブロックによるLOM支援の実施内容
  • 会員拡大会議を開催し、各LOM同士の相乗効果を得るための会員拡大支援
  • 各LOMの課題に合わせた新たな拡大セミナーの構築、講師紹介
  • スポーツ交流会などの開催によるJCのスケールメリットを活かした支援
  • 毎月の例会及び事業実施のために他LOM事業のオブザーブ情報の共有
  • 各LOM事業開催日の人員不足時の補強及び会長、議長委員長等の講師派遣
  • HP等のSNS活用による各LOM活動内容の共有及び拡散

岐阜ブロック協議会の青年会議所

会議体・委員会紹介

組織連携推進会議

議長 佛坂 茉千子
(所属:一般社団法人高山青年会議所)

県内17LOMより組織連携推進会議に出向いただく21名のメンバーとともに、青年会議所メンバー一人ひとりとLOM、岐阜ブロック協議会、東海地区協議会、日本青年会議所を結ぶ架け橋となり、魅力ある組織の実現に向けた運動を展開してまいります。

アカデミー委員会

委員長 西村 昭彦
(所属:一般社団法人中津川青年会議所)

本年度のアカデミー委員会では会員拡大事業とアカデミー事業を担当させていただいておりますが、出向していただく皆様にも記憶に残る委員会にしていきたいと考えておりますので、皆様どうぞご理解とご協力の程、よろしくお願いします。

岐阜ブロック大会2024実行委員会

委員長 長縄 敬博
(所属:一般社団法人各務原青年会議所)

私共の委員会では、活動方針の理解共有のための事業、地区、ブロック協議会との連携による地域の魅力発信、第 65 回岐阜ブロック大会 2024(公益事業)、岐阜 BC の継承を目的とした事業の4つを担当していきます。特に各務原市開催となる第65回岐阜ブロック大会2024(公益事業)では、ゼロから1を生み出すような事業を考えていますので、皆様ご理解、ご協力の程宜しくお願い致します。

公益社団法人 日本青年会議所

東海地区

岐阜ブロック協議会

〒503-0006
岐阜県大垣市加賀野4丁目1-18 インフォファーム ソフトピア・ラボ 2階
TEL : 0584-47-8275 / FAX : 0584-47-8276