先駆けの精神と相互連携が生み出す持続可能な福岡の実現

会長所信

  • HOME »
  • 会長所信

先駆けの精神と相互連携が生み出す

持続可能な福岡の実現

  

福岡ブロック協議会 会長 別府 大輔 

 

 福岡県が掲げる福岡県環境総合ビジョンにおいて「豊かな環境が支える県民幸福度日本一」を目指し、福岡県はアジアの玄関口とする優れた交通ネットワークと経済成長や環境保全が両立した都市圏であり、インバウンド消費の拡大などにより発展を遂げています。近年では微増ながら人口増を続け、都市部の一極集中や雇用などの問題を抱えながらも、持続可能な福岡の実現に向けて根拠ある明るい未来に向けた行動を起こすことが必要です。 

 まずは、実行力のあるリーダーを育成するために、第38期福岡ブロックアカデミーで事業構築の実体験を行い、未来を切り開く経験を養います。そして、運動の成果を効率的に発信するために、JCブランディングや福岡県と連携を深化させ、事業モデルを生み出します。さらに、多くの青年経済人を入会に導くために、拡大情報バンクを構築し、拡大手法や成功事例を収集した情報支援を行います。また、活力漲る福岡を実現するために、ブロック大会を開催し、地域社会に新たな可能性を生み出します。そして、県全域を活性化するために、東京オリンピック、パラリンピックなどの国際大会を活用し、事業を実施します。さらに、国際競争力の高い福岡を実現するために、福岡県と連携して地域経済ビジョンを推進し、人口減少や働き世代の不足に対する雇用や定住の可能性を広げます。また、当事者意識を醸成するために、選挙における各種討論会の開催支援や県全域の災害支援の連携強化を行い、自らの責任を自覚する機会を提供します。そして、会員個々がさらに成長するために、全会員対象とした育成セミナーを実施し、解決力と創造力を養います。  会員拡大と会員育成が両立した、地域の未来を担うリーダーを輩出し続けるJCが展開する運動と事業が、県民や企業、行政から多くの賛同を得て波及効果の高い運動が可能となり、根拠と実績からなる明るい未来に向けた行動により持続可能な福岡を実現します。 

 

<事業計画> 

1.次世代を担うJAYCEEの育成 第38期福岡ブロックアカデミーの開校

2.福岡県と定期的な会議の実施とLOMへの情報伝達

3.第48回福岡ブロック大会ひびき大会の開催

4.有事の際に備えた災害支援ネットワークと防災・減災への事業実施

5.福岡県における地域経済ビジョンを推進する事業実施 fukuokafukuoka_kihon_ver143

6.JCブランディング・広報の確立と事業実施

7.会員拡大支援【拡大情報バンクの構築、拡大セミナーの実施】

8.地域社会でSDGsを推進するための事業実施【ビジネスモデル】

9.FUKUOKAコンファレンス2020の実施

10.第33回国際アカデミーの支援・参画

11.会員育成を目的としたセミナーの実施【育成プログラム】

12.【ブロ推】ブロックと連携した会員拡大支援の実施

13.【ブロ連】柔軟かつ開放的な組織改革【女性や20代の拡大戦略】

14.【ブロ連】地域社会でSDGsを推進する事業の企画・実施

15.【ブロ連】多面的な安全保障に関する国民的議論を巻き起こす事業の企画・実施

 

 

 

PAGETOP
Copyright © 福岡ブロック協議会 All Rights Reserved.