うどんだけじゃない!香川県内6つの青年会議所(JC)の香川ブロック協議会公式ホームページです!

香川ブロック大会実行委員会

  • HOME »
  • 香川ブロック大会実行委員会

香川ブロック大会実行委員会 事業サマリー

副会長 続木 琢也

委員長 松本 周

 

【現状分析 】

香川ブロック協議会では、過去48回にわたり、香川ブロック大会を毎年開催し、香川ブロック協議会の成果発信、意識統一の場として、先人たちより受け継いできました。2017年度より、全日を通しての参加 率を香川ブロック協議会会員数全体の90%以上と掲げ、県内LOMより多くのJCメンバーに参加していただき、香川ブロック協議会としての意思を広く発信できました。2019年度も、これまでの伝統を受け継ぎ、より多くのJCメンバーに香川ブロック協議会の理念を共有するために香川ブロック大会を開催する必要があります。


【活動概要】

香川ブロック大会式典の企画・実施 【SDGs4、6、8、10,11】

香川ブロック協議会では、「心躍る未来へ 誰もが挑戦できる 香川の創造」をスローガンに掲げ、201 9年度の成果発信、意識統一の場として、先人たちより受け継がれてきた歴史や伝統に敬意を払って継承するとともに、多様化していく社会の変化のなかでもJCメンバー全員で2020年度への更なる一体感を高める機会とし、香川ブロック大会記念式典を今後も持続可能なものとしていきます。


【KPI】

2019年度香川ブロック協議会会員数全体の式典参加率90%以上を達成し、JCメンバー一人ひとりのJC運動に対する意識のさらなる向上をはかるとともに、次年度への継承を行います。


【IMPACT】 (影響力)

県内各LOMよりご参加いただくJCメンバーに香川ブロック協議会の成果発信、意識統一の場を設け、2019年度のスローガンである「心躍る未来へ 誰もが挑戦できる 香川の創造」に対するJCメンバー全 員の認識を強めていただき、意識を共有し、一体感を高めていきます。


【MOTIVATE】 (意欲)

2019年度香川ブロックスローガンである「心躍る未来へ 誰もが挑戦できる 香川の創造」のもと、JCメンバー全員の意識統一をはかり、挑戦する意欲を高め、持続可能なものにしていきます。


【INVEST 】(投資)

今後の未来を担うJCメンバーが一堂に会し、意識統一を行い、一体感を高める場の創造に投資し、「心躍る未来へ 誰もが挑戦できる 香川の創造」に挑戦し、持続可能なものにします。


【COLLABORATE】 (協力)

香川ブロック大会実行委員会が式典の重要性を理解し、各LOMメンバーに対して、率先して式典の重要性 を拡散していき、2019年度香川ブロック大会の参加率を高めます。


【CONNECT】 (つながり)

香川ブロック協議会が、香川県内各地会員会議所の皆様にご協力いただき、香川ブロック大会式典を開催し、各LOMへと足を運び、数多くのJCメンバーと意思疎通をはかり、「心躍る未来へ 誰もが挑戦できる 香川の創造」の実現へつなげます。


【政策手法】 (ゴールデンサークル)

Why(理由):「心躍る未来へ 誰もが挑戦できる 香川の創造」を実現するため。 How(手法):香川ブロック大会に参加していただいた各LOMのJCメンバーに対して、香川ブロック大 会の重要性を理解していただき、各LOMにその重要性を拡散していきます。 What(行動):2019年度香川ブロックスローガンを再発信し、これからのJC活動に対する意識の統 一を行い、2020年度のJC活動への意識向上につなげます。


【パートナー】

香川県、さぬき市、 東かがわ市、JCメンバー、シニアメンバー


 

 


【現状分析】

香川県では少子高齢化により地域の未来を担う生産労働人口が大幅に減少し、地域経済の縮小とともに、企 業は働き手のニーズの多様化に対応できず、人材確保が困難になり、経済成長の抑制が予測されます。一方 で、香川県には魅力的な自然環境・特産品・企業といった新たな産業・経済の創出につながる地域資源は多分に存在しており、それらの発信力を強めることで、地域経済は持続可能なものになります。


【活動概要】

香川ブロック大会事業の企画・実施 【SDGs8-9】

すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する開発目標(SDGsゴール8)を通して、企業価値を高めていくことが今後の持続可能な地域経済の創出につながることを企業・住民・JCメンバーに対して考えていただく機会を設け、働きがいのある地域・仕事・職場づくりを企業・住民・JCメンバーが協力して実現していくために、香川ブロック大会の事業を行います。


【KPI】

香川ブロック大会事業参加者(一般参加:500人 JCメンバー参加率:90%以上)を達成し、持続可能な地域経済の創出のために企業・地域住民・JCメンバーが協力し、行動できるようにします。


【IMPACT】 (影響力)

県内各地域で企業と地域住民が協力して働きがいのある地域・仕事・職場づくりに取り組む重要性を理解していただき、企業と地域住民が持続可能な地域経済を担う財であることを認識してもらいます。


【MOTIVATE】 (意欲)

県内各地域において企業と地域住民に対して、働きがいのある地域・仕事・職場づくりの重要性を理解し、 拡散していただき、能動的に持続可能な地域経済の実現に寄与する意識を高めます。


【INVEST】 (投資)

企業と地域住民とが協力して働きがいのある地域・仕事・職場づくりを行うことの重要性を理解していただく場に投資し、働きがいのある地域経済の実現につなげます。


【COLLABORATE】 (協力)

県内の企業および住民に対して、持続可能な地域経済を実現するために、香川県の自治体および企業とJC が協力してその重要性を強く発信していきます。


【CONNECT 】(つながり)

JCと県内各地域の自治体、企業および住民が情報を全体で共有できるよう協力して情報交換し、香川県全体で働きがいのある地域経済の実現につなげます。


【政策手法】 (ゴールデンサークル)

Why(理由):地域の魅力を認識し、持続可能な地域経済を実現するため。 How(手法):JCメンバーはもとより、県内の各企業および住民に対して、働きがいのある地域経済の実 現が持続可能な地域経済の創出につながることを理解していただきます。 What(行動):香川県の企業の魅力発信事業を行います。


【パートナー】

香川県内の自治体および各企業、住民、JCメンバー、シニアメンバー

PAGETOP
Copyright © 香川ブロック協議会 All Rights Reserved.